中小企業の死活問題にも--シマンテックなど、不正送金マルウェア対策 - (page 2)

大河原克行

2014-08-05 17:55

 マルウェア検体提出を窓口を設置し、専用サイトを通じたオンラインバンキングに関連する不正送金犯罪に関する情報のほかに、対策製品を紹介する。相談窓口ではマルウェアに感染をしているかどうかといった相談にも対応するという。

 「今回発表した4社以外にも参加したいというパートナー企業があり、参加企業が増える可能性がある。警察組織や金融機関とも連携しながら、中小企業が安心してビジネスが行えるような環境をつくりたい」(関屋氏)

古川勝也氏
デル SecureWorks ビジネス&マーケティングリード 古川勝也氏
村松直岐氏
富士通マーケティング 商品戦略推進本部 AZSERVICE推進統括部 プロジェクト統括部長 村松直岐氏
山本光男氏
リコージャパン マーケティング本部 ICT事業センター IT事業推進室アライアンスグループ 山本光男氏

現場の理解が進まない

 デル SecureWorksビジネス&マーケティングリードの古川勝也氏は、「デルは、ITの活用をさらに促進するにはセキュリティが重要であり、そこに力を注いでいる。エンドユーザーもセキュリティに対して高い関心を持っている。デルが持つエンドポイントの多層防御、米国の金融機関に対するセキュリティ製品の実績なども提供していきたい。IT担当者がセキュリティの重要性を理解しているものの、現場ではその理解が進んでいないという問題もある。幅広く啓蒙活動を行う必要がある」とコメントした。

 富士通マーケティング 商品戦略推進本部 AZSERVICE推進統括部 プロジェクト統括部長の村松直岐氏は、「セキュリティ専任技術者や管理者の不足で、対策ソフトを導入しても活用しきれていないという課題がある。当社では、クラウドセンターからシマンテックのエンドポイントサポートのサービスを提供しているが、より巧妙化するマルウェアに対応するために新たなサービスを提供する。これにより、ゲートウェイからエントポイントまでの多層防御ができるようになる。当社では、全国の営業所でセミナーを開催することで中小企業に対する啓発活動を展開していきたい」とした。

 リコージャパン マーケティング本部 ICT事業センター IT事業推進室アライアンスグループの山本光男氏は、「不正送金は顧客の経営に直結する脅威である。すでに、セキュリティに関するセミナーを5回ほど開催しているが、顧客の反応は高い。こうした啓蒙活動をより積極化することが大切だと考え、今回のイニシアティブに参加した」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]