編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「OS X 10.10 Yosemite」プレビュー--限りなき接続性とシームレスな生産性を実現 - (page 2)

Zack Whittaker ZDNet.com Staff 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-08-08 06:30

 ユーザーエクスペリエンスは、全体的に深みを増したものの、あらかじめ搭載されているアプリケーションのアイコンはよりフラットになった。アイコンやアプリはより明るく、より丸みを帯びた見た目となっている。ウィンドウの最小化や最大化、クローズを行うための「信号機」のようなウィジェットでさえ、より色鮮やかになっており、陰影は付けられていない。緑色の最大化ボタンは、ようやくウィンドウを画面一杯に最大化してくれるようになった。ただ、ウィンドウの立体感は残っており、オープンしている各ウィンドウの周囲に現れる3Dの陰影やぼんやりした領域は残されている。

 しかし何よりも目立つのがフォントだ。Lucida Grandeではなくなった。比較すると以前のシステムフォントは、どこかComic Sansに似た風合いを醸し出している。今回のシステムフォントはHelvetica Neueだ。これはより幅広で、プロフェッショナルな感じを推し進めたフォントである。おそらくはよりビジネスユーザーを意識した選択なのだろう。フォントの変更はOS全体のフィーリングを一新するうえで十分だと言える。


システムフォントはより丸みを帯びた幅広のものとなっている
提供:ZDNet/CBS Interactive

 また、数多くのアプリが全体にわたって半透明になっているという、ユーザーエクスペリエンス上の大きな変更点がある。あらかじめ搭載されているアプリだけでなく、「Skype」のようなサードパーティー製のアプリもそうなっている。Skypeの場合、アプリの背景にあるものがぼんやりと透けて見えるため、立体感が増して見える。


半透明のサイドバー
提供:ZDNet/CBS Interactive

 左側のパネルは、(懐かしの)「Windows Vista」のように背景が透けて見えるようになった。ただ、以前の古くさく、不透明で平板な感じのするパネルの雰囲気を変えるという以外、実用性はない。

 Yosemiteにおいて半透明になるウィンドウは、アクティブになっているもの1つだけだ。iOS 7で半透明エフェクトが最初に登場した際には少し不快であったが、画面サイズが大きくなったことで心地よさを感じるようになった。ただ、ウィンドウの上部が完全に半透明となっている「Safari」は例外だ。Safariでウェブページをスクロールすると、タブやロケーションバーのある部分からページのコンテンツが透けて見えるようになっている。

 iOSのSafariでは、設定の「アクセシビリティ」から透明度を制御できる。

 ダークモードはその目的が不明確だとはいえ、暗闇で作業する人にとっては役に立つのかもしれない。おそらくは。たぶんだ。ただ、この新機能はAppleの美的水準に照らし合わせるとあまりにも荒削りであり、完成とはほど遠い状態にある。一部のフォントはジャギーが残っていた。ただ、筆者がYosemiteを使用していたのは「Retina」ディスプレイ非搭載の「MacBook Air」であったという点は述べておきたい。


「ダークモード」に切り替えると、メニューやサイドバーが薄暗い色になる
提供:ZDNet/CBS Interactive

 ビジュアルの刷新を除けば今まで通りの「OS X」であり、まごついたり、立ち往生してしまうことはないはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]