編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「OS X 10.10 Yosemite」プレビュー--限りなき接続性とシームレスな生産性を実現 - (page 5)

Zack Whittaker ZDNet.com Staff 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-08-08 06:30

 否定的な意見が多く、思うような結果を残せなかった「Windows Vista」との類似性を指摘する人がいるとすれば、スタイルと美的感覚についてはそう言えるかもしれない。しかし、OSの動作自体はAppleの専用ハードウェア上で稼働する他のOSと同程度に高速かつ安定している。

 まだ詳細を述べていないものにクラウド、具体的には「iCloud」がある。iCloudはすべてをまとめあげ、OS全体に力を与え、システム(とユーザー)が必要とした時にiPhoneから情報を引き出してくれる。「Finder」のサイドバーにおける新たな選択肢「iCloud Drive」はまさにそういった機能を有しており、ようやく今回のソフトウェアリリースで搭載された、待ち望まれていた機能だ。

 iCloudには、既に多くのアプリがデータを格納している。なお、iCloudが最初にリリースされた際には、こうしたことはできなかった。当時、格納されるのは写真と連絡先、そして電子メール(ユーザーが指定していれば時折というかたちで)に限られていた。

 ディスク自体の移行は一方通行のプロセスであるため、元には戻せない。しかし、「Windows」マシンとのドキュメント共有といった、ある種の利点もある(ただ完全にシームレスではない)。アプリからのデータはサンドボックス化され、個別のフォルダへと振り分けられる。iCloudを有効にしたWindowsを用いれば、「Microsoft Word」などのサードパーティー製アプリでも比較的簡単にデータにアクセス、保存できるようになる。こうしておけば、MacやiPhone、iPadのPagesでオープンすることも可能になる。

まとめ

 Mac OS Xは数々のバージョンアップを繰り返してきているうえ、長い間使われてきている機能とアプリが存在している。それにもかかわらず、Yosemiteは今までに使ったことのないOS Xのように感じられる。

 ユーザーは信頼できるiPhoneを手元に置いている限り、どこにいてもインターネットに接続できる。また、より優れた検索や機能、通知、カスタマイズ可能なサイドバーウィジェット、5歳の子どもがデザインしたようには見えないアプリといったもので生産性を向上させられるようになる。Yosemiteのインターフェースは見栄えが良く、目に優しい。さらに、テキストメッセージがデスクトップから送信できるようになっているため、プラットフォームを意識せずとも友人や家族、同僚、仕事の関係者に返信できる。

 また、出先での作業中に機器を切り替える必要が出てきた場合、iPhoneやiPadのロック画面を上に向かってスワイプするか、Macのドックにあるアイコンを使って切り替えられる。

 Macは「OS X 10.9 Mavericks」で仕事関連の機能を充実させ、iOSとの統合に向けて大きく前進した。Yosemiteはインターフェースを豪華にし、細かい制御を可能にし、デスクトップとモバイル機器をシームレスにつなげるようにすることで、Macをより使いやすい製品に仕上げている。

 常にインターネットに接続でき、生産性が向上する。ビジネスユーザーにとってこれ以上のものはないだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]