編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コンテナ管理ツール「Docker」、「openSUSE」で利用可能に

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-08-06 16:43

 「Docker」は現在、エンタープライズ分野のデータセンターとクラウドにおいて、真夏日のアイスクリーム以上に人気を博している。そのため、SUSEのコミュニティーLinuxディストリビューションである「openSUSE」がDockerを採用したのも何ら驚くことではない。

 SUSEの開発者であるHenne Vogelsang氏は、「openSUSEの最新版である『openSUSE 13.1』向けのDockerコンテナが提供開始された」と発表した。openSUSE Dockerコンテナの公式版は、Docker Hubで入手できる

 企業がDockerを好むのは、仮想化よりも、多くのサーバアプリケーションを同じハードウェア上に置くことができるからだが、開発者がDockerを好むのには別の理由がある。Vogelsang氏は、「Dockerがここまで成功したのは、コンテナの持つ力を活かしやすいのと同時に、コンテナのライフサイクルを管理できる開発者指向のワークフローと、一連の連携機能という、2つの重要な機能を提供しているからだ」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]