編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

建設業が好調--8月7日発表の決算注目点、

ZDNet Japan Staff

2014-08-08 11:46

 7日に発表された第1四半期決算はおおむね好調と言える内容だった。ゼネコン(建設・土木業)に好調なものが目立った。

取引時間中(15時前)に決算を発表した3銘柄

 東京証券取引所で株式が売買されている時間(15時前)に決算を発表する銘柄は、その日のうちに決算内容を株価は織り込む。例として、以下の3銘柄を挙げる。

<15時前に決算を発表した銘柄の経常利益>


(注)SEC・IFRS採用企業については連結税前利益を経常利益として集計、
各社発表資料より楽天証券経済研究所が作成

(1)石油資源開発

 注目は、4~6月実績の、通期(2015年3月期)予想に対する進捗度だ。通期415億円の会社予想に対して、4~6月実績が130億円だった。進捗率は31%(130÷415=31%)と高く、ポジティブ・サプライズだった。東証の取引時間中に発表したので、同社株は7日中に前日比4.9%上昇した。

(2)住友不動産

 進捗率は27%と高めだが、特にサプライズはなかったので、7日の株価は前日比0.8%高と小動きだった。

(3)清水建設

 進捗率は22%だった。これは、ややポジティブだ。7日の株価は、前日比1.5%高だった。建設・土木業は、売上・利益が第4四半期(1~3月)に集中する傾向がある。

 そのため、4~6月期は閑散期に当たる。その4~6月で22%の進捗ということは、建設・土木業としては「ややポジティブ」と言える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]