編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

出来高急増は買いシグナル--クイズで学ぶテクニカル指標 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2014-08-11 11:22

<特別編>クイズで学ぶテクニカル指標

 8月11日~15日の間、窪田氏は夏季休暇とのこと。その間、本レポートは特別編「クイズで学ぶテクニカル指標」を掲載する。窪田氏がファンドマネージャーを担当していた25年間で、重視していたテクニカル指標について解説する。

 本日のテーマは、「出来高の変化を読む【1】です。

(1)まずは、クイズです。

<クイズ> A社株チャート、売り・買い、どっち?


(注)楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏が作成

(2)100%当たるチャートシグナルはない

 こういうクイズを出すと「チャートだけでは今後の株価は分かりません」と答える方もいらっしゃるだろう。確かにその通りだ。チャートに基づく投資判断は、100%当たるものではない。

 ただし、チャートのパターンを見ることで、統計的に今後上がることが多いか、それとも下がることが多いか判断することは可能だ。統計的に、7割の確率で上昇するチャートのパターンがあれば、それは立派な買いシグナルだ。一方、3割の確率で下落したとしても、それは当然だ。100%当たるチャートは存在しないのだから。

 それでもチャートのシグナルを見て売買するのは意味があることだ。7割の確率で上昇するパターンが出たら買いを実行、上昇すれば利益が得られる。もし外れて下がったら、さっさと損切りするだけだ。同じパターンのチャートで勝負し続ければ、長期的には利益を稼ぐ可能性もあるだろう。

(3) 出来高(売買高)を見る習慣をつけよう

 チャートを見るとき、株価だけでなく、あわせて出来高の変化を見る習慣をつけよう。

 出来高の変化に重要な鍵が含まれている場合があるからだ。

 出来高は、概して人気のバロメーターと言われます。一般的には、以下のように考えていただきたい。

  1. 出来高が多い=人気が高い
  2. 出来高が少ない=人気が低い
  3. 出来高が増加=人気が高まりつつある
  4. 出来高が減少=人気がなくなりつつある
上記には、例外もあるが、それは後日、解説する。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]