編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

出来高急増は買いシグナル--クイズで学ぶテクニカル指標 - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2014-08-11 11:22

(4)一般的に出来高急増は買いシグナル

 安値圏で出来高が少なかった銘柄が、急に出来高が増えたときは、一般的に買いシグナルだ。なんらかの買い材料が出て、人気が出た可能性が高いからだ。

 高値圏で大商い(出来高が多い)銘柄が、徐々に出来高が減少していく場合には、売りシグナルが出る。

(5)クイズの答え

 今日のA社株の投資判断は「売り」だ。出来高の変化を見ていれば、人気の推移がわかるだろう。A社は2カ月前に出来高が増えて株価が急上昇したが、その後、出来高が減少しながら高値からだらだらと下がってきている。2カ月前の買い材料が一時的なもので、もう人気がなくなって売りたくなってきた人が増えていることがわかる。

 安値を更新しながら下げトレンドに入りつつある。この辺りから、そろそろ下げが加速する可能性がある。

(6)逆さチャート

それでは、B社チャートは、売り、買い、どっち?


(注)楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏が作成

 B社は、安値圏で出来高がどんどん増えている。株価は上昇を始めているが、まだ安値圏から大きくは上昇しない。これから上昇が加速すると予想される。

 このチャートの投資判断は「買い」だ。

 ところで、B社チャートは、冒頭のA社チャートの上下をひっくり返して逆さにした「逆さチャート」だと気づいただろうか。出来高も逆さにしている。出来高増加は減少、減少は増加になるように作っている。

 売りシグナルの出ているチャートを逆さにすると、買いシグナルの出ているチャートになる。買いシグナルの出ているチャートを逆さにすると、売りシグナルの出ているチャートになる。

 窪田氏は、チャートの読み方に迷うとき、チャートを逆さにして見ることがあるという。チャートを逆さにした途端、「なんだ買いシグナルが出ているじゃないか」と気づくことがあるとのことだ。逆さで買いシグナルということは、元のチャートには売りシグナルが出ていたわけだ。

 株式相場全般に強気見通しを持っていると、個別銘柄の売りシグナルに気づかなくなることがある。そんな時、チャートを逆さから見ることをオススメする。強気バイアスにとらわれて見えていなかったシグナルが見えることがある。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]