編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

モジラ、グーグルと同様の証明書失効チェック方法を採用へ

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-11 12:05

 OpenSSLのソフトウェアバグであるHeartbleedが4月に発覚して以来、証明書の失効確認をめぐる議論が高まってきた。こうした問題ではGoogleの対応が早いことが多いが、MozillaはGoogleの手法に準じて証明書の失効確認方法を改善する計画を公表した。

 Heartbleedが厄介視される理由の1つは、セキュリティ対策を施している多数のWebサイトがTSL/SSL証明書の失効と再発行を余儀なくされることだ。これまで公開鍵基盤(PKI)における証明書失効確認には、証明書失効リスト(CRL)とオンライン証明書ステータスプロトコル(OCSP)が使用されてきたが、いずれのシステムも問題を抱え脆弱性の不安を排除しきれなかった。

 OCSPはCRLの問題に対処するために開発されたが、リクエストで遅延が生じるため、認証済み証明書をWebサーバにキャッシュして応答時間を短縮するOCSP Staplingが開発された。ただ、ステープリングされた応答がない場合や、OCSPとCRLによる確認がともに機能しない場合にWebページがロードされるという問題を抱えていた。

 この状況に対し、ステープリングされたOCSP応答がない場合は証明書の失効確認が失敗したものとみなすOCSP Must Stapleという拡張機能が提案された。Mozillaはこの方法を支持しており、この利用を推奨し実装するとしている。証明書を発行するSymantec、GoDaddy、Comodoなどが参加する業界コンソーシアムであるCA Security Council(CASC)も賛同している。

 Googleはこれに加えて、セキュリティ上実際に問題となるもののみを選択した証明書の失効リストであるCRLSetを、通常のアップデート手法で更新配布している。Mozillaも、OneCRLという名前で同様の仕組みを作る計画だ。これらをOCSP Must Stapleと組み合わせると、セキュリティはかなり強固となる。一方、MicrosoftはWindows Vista以来CRLSetsに似た手法を採用している。今後はCRLSetsの手法に賛同しているCASCを通じた標準化が望まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]