暑い夏にじっくり読みたい!テクノロジ関連小説10選

Erin Carson (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年08月14日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「The Circle」(Dave Eggers著、Knopf、2013年)

 Dave Egger氏の小説のタイトルとなっている「Circle」(Circleは「円」の意)が指しているのは、(架空の)世界で最も大規模で、最も強力な検索エンジンのことだ。主人公のMaeは(Googleを強く連想させる企業に)就職したが、そこで働くのは自分が考えていたほど幸運なことではないかもしれない、と気づき始める。

figure_1

「A Working Theory of Love」(Scott Hutchins著、Penguin、2013年)

 本書はHutchins氏のデビュー作。主人公のNeillはチューリングテストを突破できるコンピュータの構築を目指す小さなチームで働いている。Neillの父親が20年書き続けた日記を参考に開発を続けたところ、学習が進むにつれてコンピュータが自分の記憶が途中で停止する理由を尋ねるようになる。そして、Neillは父親が自殺した過去と、一から向き合わなければならなくなる。

figure_2

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(原題:Do Androids Dream of Electric Sheep?)(Philip K. Dick著、Doubleday、1968年)

 1982年の映画「ブレードランナー」は、Dick氏が1968年に発表した世界破滅後を扱ったSF小説である本書を基にしていた。この小説は、6体のアンドロイドを回収する任務を負った賞金稼ぎを主人公としている。

figure_3

「Bleeding Edge」(Thomas Pynchon著、Penguin、2013年)

 著者のPynchon氏が読者をドットコムバブル崩壊の時代に誘う一冊。調査員のMaxine Tarnowは、あるサイバーセキュリティ企業の財務状況の調査に着手する。その後、事態が暗転し、プログラマーやハッカー、ブロガーが次々に死体で発見される。

figure_4

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算