編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、次期「Windows」に「Cortana」を搭載か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-08-12 14:49

 Microsoftはパーソナルデジタルアシスタント「Cortana」を「Windows」の次期メジャーバージョンに組み込むつもりなのではないか、とのうわさがしばらく前から流れている。

 米国時間8月11日、それらのうわさがさらに現実味を帯びた。Neowin.netが、「Threshold」(「Windows 9」の開発コード名)の社内用「ドッグフード」(自社で開発したソフトのベータ版をまずは自分たちで使用するというもの)ビルドにはCortanaが搭載されていると報じたからだ。Windows Thresholdは2015年春にリリース予定だ。筆者の情報筋によれば、Thresholdのパブリックプレビュー版は2014年秋にリリースされる可能性があるという。

 「Windows Phone 8.1」のCortanaと同様、WindowsのCortanaもアプリとして提供され、OS自体の一部にはならない予定だ、とNeowinのBrad Sams氏は述べている。

 Cortanaという開発コード名は、Microsoftの「Halo」シリーズの人工知能キャラクターで学習および適応能力を備えるCortanaに由来する。Cortanaは、機械学習技術と「Bing」に使われている知識レポジトリ「Satori」を利用して、ユーザーが何を探しているのか、何を追跡したいのか、そして、何をやりたいのかを学習する。Cortanaは、「Google Now」やAppleの「Siri」のMicrosoft版だ。Microsoftは現在、世界中でさまざまなアルファプログラムとベータプログラムを通して、Cortanaの普及を広める取り組みを行っている。

 Cortanaは、「Windows Phone」とWindows、および「Xbox」OSの将来のバージョンの「シェル」(中核的なサービスとエクスペリエンス)全体を刷新するMicrosoftの取り組みの中核をなしている。これら3つのプラットフォームすべてでCortanaを利用できるようにすることは、Microsoftの「One Windows」戦略ともうまく合致している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]