編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

特許に見るウェアラブルデバイスの進化--補聴器からスマートかつらまで - 3/10

Teena Hammond (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-08-13 07:30

初期のサムスンのスマートウォッチ

 サムスンはこの特許を2006年に出願しており、そこでは、このデバイスは「可搬型ターミナルと無線通信を行うことを目的とした腕時計タイプのヘッドセットアセンブリ」と記述されている。これはBluetoothモジュールでヘッドセットと通信する手首に装着するデバイスだ。

米国特許番号:20070042821 
出願日:2006年8月22日
公開日:2007年2月22日
譲受人:Samsung Electronics Company, Ltd.

初期のサムスンのスマートウォッチ

 サムスンはこの特許を2006年に出願しており、そこでは、このデバイスは「可搬型ターミナルと無線通信を行うことを目的とした腕時計タイプのヘッドセットアセンブリ」と記述されている。これはBluetoothモジュールでヘッドセットと通信する手首に装着するデバイスだ。

米国特許番号:20070042821
出願日:2006年8月22日
公開日:2007年2月22日
譲受人:Samsung Electronics Company, Ltd.

提供:U.S. Patent 20070042821 - Digitized by Google

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]