編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
トップインタビュー

「おせち事件」後に審査を厳格化、次の成長を目指す--グルーポン根本CEO - (page 2)

岡田靖 怒賀新也 (編集部)

2014-08-14 07:30

モバイルでのプッシュ通知を年内に開始へ

 こうしたビジネスを支えるシステムは、全世界共通のプラットフォームが用いられている。主に米国で作ったものを各国のグルーポンでローカライズして使う形とのことで、日本では数十人の技術チームがローカライズを担当しているという。

 「2~3週間のサイクルで事業サイドと協議しつつ計画・開発を進めています。店舗向けのシステムは2012年に構築したものが使われており、顧客属性やアンケート回答などのフィードバックをリアルタイムで反映するようになっています。審査のワークフローなども、もちろんグローバル共通で、そこに国ごとに違う審査や確認項目を取り入れています」(根本氏)

 国による顧客ニーズの違いも、全て共通プラットフォームのローカライズで吸収している。例えばエステサロンなどは、日本では3回や5回分をセットにしたクーポンが多いのに対し、米国は1回が多いという。飲食店も、日本では飲み放題サービスが多い。こうしたメニューの設計に、需要の性質の違いが出てくるとのこと。

 「モバイルに関しては、持ち歩く端末だけにエンドユーザーと店の場所とのマッチングも技術的に可能なので、アプリのプッシュ通知などて、より効果的な提案をできるようにする方針です。年内の導入を考えています」(根本氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]