編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Flash Playerを売りつける詐欺アプリ、Google Playに再登場

NO BUDGET

2014-08-14 18:40

 Adobe Flash Playerを売りつける詐欺アプリがGoogle Playに再登場した。マカフィーが8月14日に明らかにした。

 AdobeはGoogle PlayでのFlash Player提供を終了しているが、Android端末でFlash Playerを使いたいユーザーは、Adobeサイトで無償提供されているパッケージをダウンロードして手動でインストールできる


Google Play上のFlash Playerインストーラ詐欺アプリの例(マカフィー提供)

 Flash Playerのインストーラを装った詐欺アプリは、これまでもGoogle Play上で確認されており、例えばFlash Playerを装った高額SMSマルウェアやそれらのドロッパー、PayPalで金を支払わせる詐欺アプリなどが検出されてきた。

 再確認された詐欺アプリは、2013年末以降に検出したのと同様のPayPalで払わせるタイプ。7月末以降、Flash Playerインストーラを称する複数のアプリが、いくつかの開発者アカウントで公開されていたことを確認している。

 これらは公開されてすぐ削除されているが、削除された直後に別の開発者アカウントから異なるアプリ名で公開され、Google Playストア上の統計によると合計5万ダウンロードに上るとしている。

  • 5ユーロでFlash Playerインストールを提供すると謳うウェブページ(マカフィー提供)

  • PayPalでの支払画面(マカフィー提供)

 このアプリを起動すると、PayPalで5ユーロを支払うとFlash Playerをインストールできるとするウェブページが表示される。このページをホストしているサーバは、あるアプリではトルコに、別のアプリでは米国に設置されているとみられる。

  • 支払い後に表示されるAdobeのFlash PlayerダウンロードサイトURL(マカフィー提供)

  • AdobeのサイトからダウンロードされたFlash Playerパッケージ(マカフィー提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]