編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

景気停滞が日経平均の上値を抑制--8月18日週の日本株見通し

ZDNet Japan Staff

2014-08-18 11:22

 先週の日経平均は、1週間で539円上昇して1万5318円となった。先々週、イラク・ウクライナなどの地政学リスクの高まりを嫌気して744円下がったが、その72%を取り戻した。

日経平均は、今しばらく膠着へ

 一旦下値をトライしたが、すぐに1万5000円台に戻ってきたため、下値の堅さが確認できた。ただし、すぐに上値をトライする条件は整っていない。今しばらく1万5000円台で膠着相場が続きそうだ。

日経平均(2012年11月~2014年8月15日)


(注)楽天証券経済研究所が作成

 アベノミクス相場が実質的にスタートした2012年11月以降の日経平均を示しているのが、上の図だ。2013年5月まで急騰したが、その後1年以上1万5000円を中心としたボックス相場が続いている。

景気停滞が日経平均の上値を抑制

 膠着相場が続くのは、消費税引き上げ後の国内景気が、停滞しているためと考えられる。4~6月のGDP落ち込みは意外に大きくなった。

 2014年4~6月GDP(速報値)は、前期比年率マイナス6.8%と大きなマイナスとなった。4月1日からの消費増税の影響で内需が落ち込んだ。円安が進んだにもかかわらず、輸出の回復も遅れている。

 2014年4~6月の鉱工業生産指数は前期比3.7%のマイナスだった。

 日本の長期金利(新発10年もの国債利回り)は、先週一時0.495%まで低下した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]