編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

クラウド管理製品、2014年度も2ケタ成長--運用負荷軽減で採用進む:ITR調査

NO BUDGET

2014-08-19 17:49

 ITRの調査によると、クラウド管理製品の国内市場は2013年度に16.8%増となり、2014年度も14.3%増の高成長を予測している。8月19日にシステム運用管理とITサービス管理の18の製品分野を対象に、国内ベンダー51社への調査をもとに市場動向と分析をまとめた市場調査レポート「ITR Market View:運用管理市場2014」を発刊した。

 運用管理市場全体の2013年度の売上金額は前年度比7.2%増の約1777億円。2014年度は同6.6%増を予測している。SaaS型の2013年度の売上金額は前年度比32.1%増の7億円となっている。

 製品分野別では、4月の「Windows XP」サポート終了によるPCの買い替えが進んだ影響から2013年度のIT資産管理、構成変更管理、PC資産管理の各製品市場は2桁増。仮想化とクラウドの普及に伴い、仮想化構築とクラウド管理が2013年度も2桁増の伸びを維持したという。

クラウド管理市場規模の推移予測
クラウド管理市場規模の推移予測(ITR提供)

 近年注目度が高まっているクラウド管理は、仮想環境や大規模物理サーバによるクラウドコンピューティングを運用するための管理ツールであり、プロビジョニング、自動構成管理、ランブックオートメーション(RBA)などの機能を備えている。

 仮想化やクラウド技術を介在することで増大傾向にある運用負荷を軽減させる目的で、クラウド管理製品の採用が急速に進んでおり、国内クラウド管理市場の2013年度の売上金額は前年度比16.8%増の約140億円となった。

 プライベートクラウドとパブリッククラウドの連携や基幹系システムのクラウド基盤への適用が徐々に進みつつあり、ハイブリッドクラウド環境の一元管理へのニーズの高まりが市場の伸びを牽引していると分析。2014年度は、前年度比14.3%増の売上金額約160億円と引き続き堅調な伸びを見込んでいる。2013~2018年度のクラウド管理市場の年平均成長率(CAGR)は、運用管理市場の18分野の中で最も高い12.7%を予測している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]