編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本ATM、ATM監視システム基盤にIaaSを利用--FISC基準に準拠

山田竜司 (編集部)

2014-08-20 07:00

 日本ATMは、金融機関のATM監視システム「GAIA」を構築する共通基盤として、4月からNECのIaaSを利用している。企業ごとにシステムを構築することなく、新規の金融機関へ迅速にサービスが提供できるという。NECが8月19日に発表した。

 日本ATMグループはATM監視アウトソーシングサービスとして、ATMの稼働状況の監視や遠隔での障害復旧操作、警備会社への出動要請、顧客からの問い合わせ対応を金融機関に代わって提供している。

 これまでは金融機関ごとにATM監視システムを構築してきたため、新たな金融機関に対しサービスを提供するまでに時間がかかる点が課題だった。NECがデータセンターに大規模なATM監視システムが稼働できるIaaSを構築、日本ATMはこのIaaSで利用し、複数の金融機関で共通のATM監視システムを構築している。

 共通基盤は、2か所のデータセンターに構築して冗長性を確保。データセンターは、金融情報システムセンター(FISC)発行の「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」の設備基準に準拠しており、信頼性の高いサービスを実現しているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]