編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

オラクル、「Social Station」を発表--ソーシャルクラウドを強化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-21 12:42

 Oracleは米国時間8月20日、ソーシャルエンタープライズをめぐる争いで勝利を目指すなか、「Oracle Social Cloud」の「Social Relationship Management(SRM)」プラットフォーム内に新たなワークスペースを導入した。同社によると、これは「訴求力のある」新たなユーザーインターフェースを用いてユーザーの生産性を向上させるものだという。

 「Social Station」と名付けられたこのワークスペースの目的は、ユーザーがより強力な分析と制御を簡単な操作で行えるようにすることにある。

 こういったことは、ドラッグ&ドロップ機能や、ワンクリックでの共有、マルチビューレイアウトを特長とする新たなユーザーエクスペリエンス(UX)を通じて実現される。また、コンテンツや投稿、ネットワーク、ビューをより可視化されたかたちでユーザーにもたらすためにデザインされた「Enhanced Calendar」モジュールも含まれている。

 さらに、ユーザーが複数の評価指標と数多くのレポートオプションを組み合わせ、ソーシャルデータのカスタマイズされたビューをリアルタイムで作成できるようにする新たな分析モジュールも搭載されている。


 OracleはSRMプラットフォームの大半を、VitrueやCollective Intellect、Involverの買収により獲得したテクノロジで置き換えたうえで、同プラットフォームに対する機能の追加や統合を続けてきている。

 Oracleによると、コンテンツキュレーションや、インフルエンサーエンゲージメント、コマンドセンターの構築といった追加モジュールによって、Social Stationの拡張を続けていく計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japanエンタープライズモバイルセミナー
ZDNet Japanは企業システムのモバイル対応をテーマにし たセミナーを8月27日に開催します。企業がモバイル対応で創出できる価値とは 何かを考え、理解しておくべきことを掘り下げます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]