編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IIJのメールサービス、ドメイン認証技術「DMARC」に対応--スパムなどを排除

NO BUDGET

2014-08-21 17:04

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月21日、メールサービス「IIJセキュアMXサービス」で8月24日から送信ドメイン認証技術「DMARC」に対応すると発表した。DMARCは、送信元を詐称した迷惑メール(スパム)への対策に有効とされている。

 DMARC(Domain-based Message Authentication,Reporting and Conformance)は、すで標準化された技術である「SPF」と「DKIM」の認証結果を利用して、詐称されたメールを受信側がどう扱うべきかの方針(ポリシー)をドメインの管理者側が宣言するための仕組み。

 SPF(Sender Policy Framework)は、送信元ドメイン名と送信元メールサーバの整合性を確認し、正当なメールサーバからメールが送信されているか否かを確認する技術。DKIM(Domain Keys Identified Mail)は、送信側がメールに付与した電子署名を受信側で照合することでメールの正当性を判別する技術。

 DMARCでは、送信元ドメインの管理者は、SPFとDKIMの両方の認証に失敗したメールに対し、「そのまま通す(none)」「隔離する(quarantine)」「受信拒否する(reject)」というように、受信時の処理方法をDMARCポリシーとして宣言する。これにより、自社のドメインを悪用して送られるスパムやフィッシングメールの排除効果を高められるなど、ユーザー企業のドメインから送信されるメールの信頼性を確保できるという。すでに米国では多くのISPがDMARCへの対応を進めており、普及率は非常に高まっているとしている。

DMARCの仕組み
DMARCの仕組み(IIJ提供)

 http://www.dmarc.org/でのTwitterの報告では、1日あたり1億1000万通ほどあった“なりすましメール”が1000通へ激減し、2013年のクリスマスの買物シーズンにはPayPalを偽装した2500万通ものメールが遮断されるなど非常に高い効果を上げているという。

 IIJセキュアMXサービスでは、メール受信時にDMARCの認証結果をラベル付けし、受信者がドメイン管理者のポリシーに沿って対応できるようになる。ユーザー企業は自社でメールサーバを改修するなどの手間やコストをかけることなく、DMARCの認証結果にもとづいて詐称メールを振り分けるなどの対処ができる。

ZDNet Japanエンタープライズモバイルセミナー
ZDNet Japanは企業システムのモバイル対応をテーマにしたセミナーを8月27日に開催します。企業がモバイル対応で創出できる価値とは何かを考え、理解しておくべきことを掘り下げます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]