編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBMのSystem z用災害対策ソリューション「GDPS/Active-Active」、中国工商銀行が採用

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-27 06:38

 IBMは米国時間8月25日、継続的可用性(Continuous Availability:CA)とディザスタリカバリのための「System z」向けメインフレーム技術を、中国工商銀行(ICBC)が銀行として初めて採用したことを明らかにした。

 IBMにとってICBCとの契約は、大手金融機関への継続した売り込みの一環だ。最近、IBMはWestpac NZ、Veda Partners、Ujjivan Financial Servicesへのハイブリッドクラウド導入を発表している。


 ICBCとの契約の下、IBMの「GDPS/Active-Active」技術によって、ICBCは2テラバイトの流動的な口座データについてリアルタイム性と整合性を確保することが可能となる。ICBCにおけるIBMのメインフレームアーキテクチャによって、2つの異なるデータセンターで同じアプリケーションとデータを同時に処理することができるようになる。一方のシステムがダウンした場合、トランザクションはもう一方のデータセンターに振り向けられる。

 Active-Active技術は、世界40カ国の支社を支えるICBCの上海データセンターに導入されている。IBMによると、ICBCのダウンタイムは95%減少したという。ICBCは1万7000以上のオフィス、470万の法人顧客、4億3200万の個人アカウントを有している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]