編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

日立、クラウドサービスを「Hitachi Cloud」に再体系化--他社製も一元管理

齋藤公二 (インサイト)

2014-08-26 19:02

 日立製作所は8月26日、同社グループが展開するクラウドサービスを新たに「Hitachi Cloud」として体系化し、他社サービスを含む複数クラウドを一元的に管理できる基盤として提供することを発表した。

 日立は2009年からクラウドサービスを「Harmonious Cloud」というブランド名で展開。2012年以降はヴイエムウェアやマイクロソフト、Amazon Web Services(AWS)、セールスフォース・ドットコムなどと協業し、プライベートクラウドやハイブリッドクラウド環境を提供してきた。

 日立グループの社内向けには、25万人が利用するメールコラボレーション環境、9万人が利用するシンクライアント環境(VDI)、調達や給与、旅費、人事などのシェアードサービスといったクラウド基盤をグループ32万人向けに提供してきた。

塩塚啓一氏
日立製作所 執行役常務 情報・通信システムグループ 情報・通信システム社 システム&サービス部門CEO 塩塚啓一氏

 日立製作所の情報・通信システム社 システム&サービス部門CEO 塩塚啓一氏は、そうした取り組みについて「日立はクラウドのベンダーであると同時に大規模なユーザーでもある。32万人の利用実績と広範な実業で磨いたITをクラウドサービスとして提供する」と日立のクラウドの強みを強調した。

 今回のクラウド基盤体系は、顧客のニーズ多様化を受けて2013年12月から開始した、クラウド基盤技術開発のためのプロジェクトの最初の成果となるもの。同プロジェクトは、グループ会社を含めた事業部門や研究開発部門にまたがる約300人体制で推進され、AWS、シトリックス・システムズ・ジャパン、エクイニクス、マイクロソフト、レッドハット、セールスフォース・ドットコム、ベライゾン、ヴイエムウェアなどと協業している。

Hitachi Cloudの構成
Hitachi Cloudの構成(日立製作所提供)

 クラウド基盤体系の中心になるのが「フェデレーテッドクラウド」と呼ばれるクラウド連携とマイグレーション、監視・運用のサービスだ。顧客サイトに構築されたプライベートクラウド、日立サイトに構築されたマネージドクラウド、AWSや「Microsoft Azure」などのパートナークラウドを適材適所で組み合わせ、シームレスに利用可能な環境として提供する。

中村輝雄氏
日立製作所 情報・通信システムグループ 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部 事業主管 中村輝雄氏

 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部 事業主管の中村輝雄氏によると、フェデレーテッドクラウドとして当初提供されるサービスは、複数のクラウド環境を一括管理するためのポータル「フェデレーテッドポータル」、顧客のプライベートクラウドとパートナークラウドを連携させるための「出前クラウド Federated Edition」、複数クラウドを高速、安全に接続するための「クラウド統合ネットワーク」となる。

 フェデレーテッドポータルでは、AWSやAzureといった仕様や操作方法の異なるクラウドを1つの画面から一元的に管理できることが大きな特徴。管理画面では、契約や運用、監視といったさまざまな業務に対応する。2015年5月から提供する予定。

 出前クラウド Federated Editionは、1ラックにブレードサーバやストレージ、ネットワーク機器などを統合したシステムとして提供している「出前クラウド」を強化したサービス。新たにフェデレーテッドポータルを組み込み、AWSなどを統合管理できるようする。価格は月額60万円から、2014年12月から提供する予定となっている。

 中村氏は「フェデレーテッドクラウド環境の実現で業務アプリケーションの特性にあわせたクラウドの利用や、複数のクラウド上に配置された業務アプリケーション群の効率的な運用管理が可能になる」とメリットを説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]