編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

商材を知らなくても売れる仕組みをつくる--NTTドコモ法人営業部の取り組み - (page 3)

岡田靖 怒賀新也 (編集部)

2014-08-31 07:00

アプリの機能を生かした新たなコンテンツにも挑戦

 ビジどこは誰にでも公開しているアプリなので、もちろん他社の営業にも見られてしまうが、他社ユーザーにもリーチできる。DPSではApp StoreやGoogle Playを通じてアプリを提供できるので、さらに広くワールドワイドにも配信することが可能だ。

japan jikkanのコンテンツ。アプリで高い品質のコンテンツを制作できることを伝える意図もある
japan jikkanのコンテンツ。アプリで高い品質のコンテンツを制作できることを伝える意図もある

 その仕組みを利用して、ドコモは新たなコンテンツの配信にも乗り出した。「japan jikkan」である。テキストの作成は日本語堪能な米国人が担当しているとのことで、バイリンガルのコンテンツとなっている。今後さらなる増加が見込まれる外国人観光客はもちろん、日本人にも楽しんでもらうためのものという。

 「このコンテンツは、日本の良さを再発見してもらおうという考えで制作しています。宣伝要素はほとんどなく、最後のクレジットを見て、ようやくドコモが制作したものと分かる程度にしました。“タブレットでここまで表現できる”ということを示す意図もあります」

 japan jikkanはウェブでも閲覧できるが、iOS/Androidアプリではインタラクティブなコンテンツとして、さまざまな工夫が盛り込まれている。スマートデバイス活用の一つの形を示すための、ショーケースのようなコンテンツということになるのだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]