編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

三井住友カードがOne to Oneマーケティングに注力--データに基づくサイト改善進む - (page 3)

吉澤亨史

2014-09-02 11:52

 アドビのプロダクトマーケティングマネージャー、国和徳之氏は三井住友カードへの導入事例を紹介した。一見すると、マガシークよりもデジタルマーケティングとの親和性は低い業種のように見える。

 しかし、最近は金融業界でも、ビジネスを成長させるためにデジタルマーケティングに積極的になってきたという。三井住友カードではマーケティングの課題として、顧客ニーズや課題が把握できていない、既存顧客へのカード利用意欲の促進、新規開拓があったとする。

 三井住友カードもANALYTICSとTARGETを導入した。ANALYTICSによって訪問者の行動を把握、分析して、「誰が」「何を目的に」来訪しているかを理解するようにした。

 これにより会員、非会員を問わず、何回目の訪問か、これまでにどのような情報を参照したかなど、訪問者の属性に応じて最適な情報を掲出する「One to Oneマーケティング」を実現した。またTARGETによってABテストを実施、検証しサイト内の導線をシンプルにするなど、ウェブサイトの改善を続けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]