2018年に20兆円に達するM2M/IoT市場--NTT Comが考える機会と課題

三浦優子 2014年09月02日 14時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “機器間通信(Machine to Machine:M2M)”を含めた“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”に注目が集まっている。M2M/IoT市場は年成長率が30%を超え、2018年にはグローバルで20兆円の市場規模となるという見通しが出ている。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)はM2M向けビジネスを展開しており、2014年度は2013年度に比べ回線数で70%成長と高い伸びを見せているという。同社は、同市場について、特定分野に限らず、さまざまな産業での活用が進み、効率化や生産性の向上、付加価値向上を実現できると見ている。

 その実現のためには、複数のレイヤ構成とトータルコーディネーションが必要であり、セキュリティへの配慮は現在以上に重要な要素となる。標準化でつながるデバイス、サービスの拡大が必要になるといったことを指摘した。

さまざまな企業が参入できるM2M/IoT市場

 NTT Comは複数の調査会社の調査データから、グローバルなM2M市場規模を2014年時点ではネットワーク、デバイス、ソフトウェア+サービスを含め4兆円、国内市場は3090億円規模と試算している。今後もグローバル、国内ともに年30%を超える成長を続け、2018年時点ではグローバルで11兆6000億円、国内では8242億円の市場規模と試算する。IoTが加わると、2018年時点ではグローバル市場規模20兆円と試算している。

M2M/IoT市場に参入する企業 M2M/IoT市場に参入する企業(NTT Com提供)
※クリックすると拡大画像が見られます

 M2Mは10年以上前から「テレメタリング」の名称で、自動販売機など一部業界ではすでに採用されている。ここにモバイルの活用が可能となったこと、通信モジュール価格の低廉化、クラウド型サービスの普及によってM2M/IoTには新しい側面が加わったと説明した。

 特に、データの蓄積から分析、アクションまでの機能をクラウド型で提供するプラットフォームが登場したことで、開発コストと期間を短縮化できるようになった。ここから、M2M/IoTに参入する事業者を増やすなど構造的な変化を実現した。

 NTT ComではM2M/IoTに参加する企業を、以下の7つのレイヤに分け、レイヤごとにそれぞれの役割があると指摘する。

  • デバイス=モジュールを搭載し、ネットワーク接続が可能な自動車、産業機器、家電製品、スマートメーター、医療機器など。プレーヤーとしては安川情報システムなど
  • モジュール=通信チップやGPSを搭載したモジュール。用途にあわせた耐久性、省電力性、省スペース性を追求した製品が登場。プレーヤーとしてはSierra Wirelessや華為技術など
  • モバイルアクセス/コネクティビティ=世界各国、多様な方式でモバイル通信網を提供する通信事業者(キャリア)。プレーヤーとしてはNTT ComやNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなど
  • サブスクリプショ管理=多様な端末を各種異なるネットワークと連携させて、リモートでの基盤管理を提供。接続したデバイスの利用状況の分析、ネットワーク経由でのソフトウェアの更新、IP、利用状況を含めた管理機能などを提供。プレーヤーとしてはJasper Wirelessなど
  • 大坪寛氏
    NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門 グローバルM2Mサービス企画PT 担当課長 大坪寛氏
  • IaaS=M2M/IoTアプリの実装やM2M/IoTプラットフォームに必要なサーバリソースを提供。プレーヤーとしてはNTT ComやAmazon Web Services(AWS)など
  • M2M/IoTプラットフォーム=M2M/IoTアプリ開発に必要な資産管理、サービス、ID管理、コンフィギュレーション、データ収集診断機能などを提供。企業向けアプリとに連携も提供し、データの活用に向けたプロセスを簡易化。プレーヤーとしては富士通、NEC、NTT PCコミュニケーションズなど
  • アプリケーション=M2M/IoTデバイスから得られるデータを活用したアプリケーション。プレーヤーは用途によってさまざま

 「各社が自社の強みを生かし、パートナー戦略を展開しているが、NTT Comでは、世界200カ国で展開するVPN(仮想専用網)とモバイル通信網、世界13都市で展開するクラウド、自前データセンターを強みとしながら、パートナーとともにデバイスからプラットフォームまでトータルで提供していることが大きな特徴」(NTT Com ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門グローバルM2Mサービス企画PT担当課長 大坪寛氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算