編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

2018年に20兆円に達するM2M/IoT市場--NTT Comが考える機会と課題

三浦優子

2014-09-02 14:14

 “機器間通信(Machine to Machine:M2M)”を含めた“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”に注目が集まっている。M2M/IoT市場は年成長率が30%を超え、2018年にはグローバルで20兆円の市場規模となるという見通しが出ている。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)はM2M向けビジネスを展開しており、2014年度は2013年度に比べ回線数で70%成長と高い伸びを見せているという。同社は、同市場について、特定分野に限らず、さまざまな産業での活用が進み、効率化や生産性の向上、付加価値向上を実現できると見ている。

 その実現のためには、複数のレイヤ構成とトータルコーディネーションが必要であり、セキュリティへの配慮は現在以上に重要な要素となる。標準化でつながるデバイス、サービスの拡大が必要になるといったことを指摘した。

さまざまな企業が参入できるM2M/IoT市場

 NTT Comは複数の調査会社の調査データから、グローバルなM2M市場規模を2014年時点ではネットワーク、デバイス、ソフトウェア+サービスを含め4兆円、国内市場は3090億円規模と試算している。今後もグローバル、国内ともに年30%を超える成長を続け、2018年時点ではグローバルで11兆6000億円、国内では8242億円の市場規模と試算する。IoTが加わると、2018年時点ではグローバル市場規模20兆円と試算している。

M2M/IoT市場に参入する企業 M2M/IoT市場に参入する企業(NTT Com提供)
※クリックすると拡大画像が見られます

 M2Mは10年以上前から「テレメタリング」の名称で、自動販売機など一部業界ではすでに採用されている。ここにモバイルの活用が可能となったこと、通信モジュール価格の低廉化、クラウド型サービスの普及によってM2M/IoTには新しい側面が加わったと説明した。

 特に、データの蓄積から分析、アクションまでの機能をクラウド型で提供するプラットフォームが登場したことで、開発コストと期間を短縮化できるようになった。ここから、M2M/IoTに参入する事業者を増やすなど構造的な変化を実現した。

 NTT ComではM2M/IoTに参加する企業を、以下の7つのレイヤに分け、レイヤごとにそれぞれの役割があると指摘する。

  • デバイス=モジュールを搭載し、ネットワーク接続が可能な自動車、産業機器、家電製品、スマートメーター、医療機器など。プレーヤーとしては安川情報システムなど
  • モジュール=通信チップやGPSを搭載したモジュール。用途にあわせた耐久性、省電力性、省スペース性を追求した製品が登場。プレーヤーとしてはSierra Wirelessや華為技術など
  • モバイルアクセス/コネクティビティ=世界各国、多様な方式でモバイル通信網を提供する通信事業者(キャリア)。プレーヤーとしてはNTT ComやNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなど
  • サブスクリプショ管理=多様な端末を各種異なるネットワークと連携させて、リモートでの基盤管理を提供。接続したデバイスの利用状況の分析、ネットワーク経由でのソフトウェアの更新、IP、利用状況を含めた管理機能などを提供。プレーヤーとしてはJasper Wirelessなど
  • 大坪寛氏
    NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門 グローバルM2Mサービス企画PT 担当課長 大坪寛氏
  • IaaS=M2M/IoTアプリの実装やM2M/IoTプラットフォームに必要なサーバリソースを提供。プレーヤーとしてはNTT ComやAmazon Web Services(AWS)など
  • M2M/IoTプラットフォーム=M2M/IoTアプリ開発に必要な資産管理、サービス、ID管理、コンフィギュレーション、データ収集診断機能などを提供。企業向けアプリとに連携も提供し、データの活用に向けたプロセスを簡易化。プレーヤーとしては富士通、NEC、NTT PCコミュニケーションズなど
  • アプリケーション=M2M/IoTデバイスから得られるデータを活用したアプリケーション。プレーヤーは用途によってさまざま

 「各社が自社の強みを生かし、パートナー戦略を展開しているが、NTT Comでは、世界200カ国で展開するVPN(仮想専用網)とモバイル通信網、世界13都市で展開するクラウド、自前データセンターを強みとしながら、パートナーとともにデバイスからプラットフォームまでトータルで提供していることが大きな特徴」(NTT Com ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門グローバルM2Mサービス企画PT担当課長 大坪寛氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]