編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
松岡功の一言もの申す

IBMが目論むPaaS統合戦略 - (page 2)

松岡功

2014-09-03 07:00

将来はBluemixに一元化される可能性も

 まずはそのステップとみられるのが、先に挙げたPureApplication Service on SoftLayerの登場である。これによって、ユーザーは既存アプリケーションの稼働環境をPureApplication Systemと合わせて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドから柔軟に選択し、相互運用できるようになった。

 こうなると、次に想像できるのが、同じSoftLayerをIaaSとしていることから、PureApplicationとBluemixの間で相互運用、さらには統合といった戦略展開があるのではないかということだ。つまりは、例えばPureApplication上で開発されたアプリケーションがBluemix上でも利用できるようになるといった具合だ。

 会見の質疑応答でこの点を問われた日本IBMのVivek Mahajan専務執行役員ソフトウェア事業本部長は、次のように答えた。

 「PureApplicationとBluemixの間で相互運用を図ることは検討しているが、Bluemixのほうがまだ正式公開して間がないので、しばらくはそれぞれに顧客ニーズを反映しながら進化させていくつもりだ。ただ、今後の方向性としては相互運用を図り、将来的にはPureApplicationの技術をBluemix上で開発するという話になっていくのではないかと考えている」

 筆者には、将来的にPureApplicationとBluemixは統合されて、IBMのPaaSはBluemixに一元化されるように聞こえた。そうだとしたら、IBMの歴史的背景から見ても非常に興味深い動きである。

 と同時に、IBMはPaaSというより、BluemixをIaaSも包含したクラウドプラットフォームとして育て上げ、この領域を原動力にクラウド市場を大きくリードしようと考えているのではないだろうか。その意味でも同社が目論むPaaS統合戦略には大いに注目しておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]