編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

NEC、SDN対応の拠点向けWANアクセスルータ--“SDNレディ”進める

NO BUDGET

2014-09-03 07:15

 NECとNECプラットフォームズは9月2日、SDN(Software-Defined Networking)に対応したオフィスや店舗向けのWANアクセスルータ「UNIVERGE IX2207」の販売を開始した。現在販売中のWANアクセスルータ「UNIVERGE IX3110/IX2215/IX2105」にSDN対応機能を付加し9月から順次出荷する。

 IX2207の税別価格は9万8000円、9月19日から出荷する。IX3110/IX2215/IX2105をすでに導入済みのユーザー企業には、SDN対応ファームウェア(Ver.9.0)が無償で提供される。

UNIVERGE IX2207
UNIVERGE IX2207(NEC提供)

 NECとNECプラットフォームズは、ネットワーク製品群にSDN対応機能を追加搭載することで、導入時には従来技術のネットワーク機器として使いつつも、将来的にSDN化が必要となった際にも容易に対応できる“SDN Ready”製品の強化を進めている。

 新製品であるUNIVERGE IX2207は店舗やオフィスでのクラウド利用に最適という拠点用ルータ。導入時には従来技術のIPネットワーク用のルータとして利用しながら、将来的にSDN化が必要になった時点でスムーズにSDN対応ネットワーク環境に移行できるという。装置前面の「かんたん操作ボタン」とUSBメモリを使うことで、ログの取得や設定情報のバックアップ、装置を簡単にバージョンアップでき、装置の運用管理を容易かつ迅速に行えるようにしたとしている。

 SDN Readyとなった既存製品は、IX3110が本社やデータセンターなどで使用するセンタールータ用、IX2215とIX2105が支社や店舗などの拠点ルータ用という位置付け。この3機種については、ファームウェアでSDNの業界標準の1つである「OpenFlow 1.3」に対応する。NECは今後もSDN Ready製品を拡充することで、SDNの適用領域を拡大していく方針。

中小規模支店や店舗利用でのシステム構成例
中小規模支店や店舗利用でのシステム構成例(NEC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]