編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、SDN対応の拠点向けWANアクセスルータ--“SDNレディ”進める

NO BUDGET

2014-09-03 07:15

 NECとNECプラットフォームズは9月2日、SDN(Software-Defined Networking)に対応したオフィスや店舗向けのWANアクセスルータ「UNIVERGE IX2207」の販売を開始した。現在販売中のWANアクセスルータ「UNIVERGE IX3110/IX2215/IX2105」にSDN対応機能を付加し9月から順次出荷する。

 IX2207の税別価格は9万8000円、9月19日から出荷する。IX3110/IX2215/IX2105をすでに導入済みのユーザー企業には、SDN対応ファームウェア(Ver.9.0)が無償で提供される。

UNIVERGE IX2207
UNIVERGE IX2207(NEC提供)

 NECとNECプラットフォームズは、ネットワーク製品群にSDN対応機能を追加搭載することで、導入時には従来技術のネットワーク機器として使いつつも、将来的にSDN化が必要となった際にも容易に対応できる“SDN Ready”製品の強化を進めている。

 新製品であるUNIVERGE IX2207は店舗やオフィスでのクラウド利用に最適という拠点用ルータ。導入時には従来技術のIPネットワーク用のルータとして利用しながら、将来的にSDN化が必要になった時点でスムーズにSDN対応ネットワーク環境に移行できるという。装置前面の「かんたん操作ボタン」とUSBメモリを使うことで、ログの取得や設定情報のバックアップ、装置を簡単にバージョンアップでき、装置の運用管理を容易かつ迅速に行えるようにしたとしている。

 SDN Readyとなった既存製品は、IX3110が本社やデータセンターなどで使用するセンタールータ用、IX2215とIX2105が支社や店舗などの拠点ルータ用という位置付け。この3機種については、ファームウェアでSDNの業界標準の1つである「OpenFlow 1.3」に対応する。NECは今後もSDN Ready製品を拡充することで、SDNの適用領域を拡大していく方針。

中小規模支店や店舗利用でのシステム構成例
中小規模支店や店舗利用でのシステム構成例(NEC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]