編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Ubuntu」上の「OpenStack」で「Windows Server」ゲストOS稼働が可能に

Toby Wolpe (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-03 13:04

 Canonicalは、「Ubuntu」の「OpenStack」上で「Windows Server」を稼働させるために必要となるソフトウェアを開発するという、Microsoftとの共同作業が完了したと発表した。Canonicalは、「Debian」ベースのLinux OSを開発する企業だ。

 同社はこの発表において、KVMハイパーバイザ上で、そしてさらにはOpenStackクラウドコンピューティングプラットフォーム上で「Windows」ゲストOSを稼働できるようにするための仮想化ドライバが利用可能になったことを明らかにした。

 Canonicalがブログ投稿で述べたところによると、この「VirtIO」ドライバは、UbuntuおよびOpenStackクラウド上で稼働するゲストOSのパフォーマンスを最適化することを目的として設計されているという。VirtIOドライバは「Windows Server 2008 R2」や「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」を含む現行のWindows Server製品すべてで利用可能だ。

 Canonicalのクラウド製品マーケティングマネージャーであるSally Radwan氏は「これにより、大規模なWindows Serverシステムを運用している企業は、ゲストOSやワークロードに手を入れることなく、Ubuntu上でOpenStackクラウドを構築できるようになる」と述べている。

 Radwan氏によると、Ubuntu OpenStack Interoperability Lab(OIL)を活用し、OpenStack上で数多くのサードパーティー製品をテストし、互換性とパフォーマンスを保証することで、UbuntuおよびOpenStackのエコシステムを拡充するというのがCanonicalの狙いだという。

 Microsoftとの共同作業はこの取り組みの一環であり、Microsoftの「Windows Server Virtualization Validation Program」(SVVP)の認証を取得するというプロセスも含まれていた。

 Radwan氏によると、その結果としてMicrosoftは、成果物であるプラグインが安定した、そして信頼できるものになったと認めたという。また、WindowsをゲストOSとして安定稼働させるUbuntuの能力を裏書きする、プラットフォーム全体の認証も得られたという。

 「最終的な目標は、われわれのすべての顧客に対して信頼できるプラットフォームを提供するとともに、UbuntuとWindowsのいずれも良好に動作するOSとして選択可能にすることだった」(Radwan氏)

 Canonicalの顧客は「Ubuntu Advantage」サポートプログラムを通じてVirtIOドライバを入手できる。Canonicalは、6カ月毎に実施しているHWE(HardWare Enablement)カーネルのリリースの一部としてWindowsドライバをアップデートしていくと約束している。

 VirtIOドライバは「Ubuntu Server」の全LTS(Long Term Support)リリース上で動作するだけでなく、同リリース下でサポートされているすべてのOpenStackバージョン上でも動作する。

 The Cloud Marketのデータによると、WindowsはIaaSプラットフォームである「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)上のゲストOSの6.2%を占めているという。ゲストOSとして最も多いのはUbuntuで52.3%を占めており、その他のLinuxディストリビューションは26.2%を占めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]