編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコとレッドハット、OpenStackクラウド環境向けの統合型システムを発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-05 11:59

 CiscoとRed Hatは米国時間9月4日、OpenStackのクラウド環境向けに設計された統合型システム「Cisco UCS Integrated Infrastructure for Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(UCSO)」を発表した。また両社はOpenStack、CiscoのApplication Centric Infrastructure (ACI)とIntercloudにおける協業関係をさらに強化する意向という。

 このたびのニュースは、CiscoがUnified Communication System(UCS)を刷新し、デプロイのスケールアウトと中堅企業市場に製品ラインを拡大させることが発表される中で明かされた。

 発表された新システムでは、UCSがCiscoのプラットフォームとRed HatのOpenStackやオープンソースディストリビューションを連携させる役割を果たす。同アーキテクチャには、CiscoのUCSサーバ、Nexusスイッチ、管理ソフトのUCS Directorが含まれる。またUCS Directorはコンテナサポート、Hadoopとの統合、および開発キットなどが追加された。

 両社によると、プライベートクラウド用のスターターエディション、大規模プライベートクラウド用のUCSOアドバンストエディション、スケールアウト型クラウド環境向けのアドバンストACIエディションが用意される。

 スターターエディションは2014年末に利用できる見通しだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]