iPhone版の経費精算アプリを無償提供--クラウドキャスト

ZDNet Japan Staff

2014-09-17 10:00

 クラウドキャストは9月17日、クラウド形式の経費計算アプリのiPhone版と、関連するクラウドサービスを無料で提供すると発表した。企業向けには、20人以下の利用で一律月額980円の有料サービスを同日に公開した。

 また、東南アジア市場の個人向け市場への事業拡大のため、シンガポールに本社を置くIMJ Investment Partnersに対し、第三者割当増資を実施することも発表した。

 提供するアプリ名は「Staple」。SuicaやPasmoからデータを引き出し、そのまま交通費を計算できるのが特徴の1つ。SNSのようなユーザーインターフェースや画面の配色にこだわるなど、デザインをユーザー目線で考えた。

 有料で提供する「チーム版」には、ワークフロー機能を付加した。クラウドキャスト社長の星川高志氏は「100人以下の企業の90%が紙とExcelを使って経費精算をしている」との調査結果を示し、その市場に食い込む余地が存在すると話す。

チーム版のインターフェース。SNSを意識するなど従来のアプリケーションとは異なるつくりを目指した
チーム版のインターフェース。SNSを意識するなど従来のアプリケーションとは異なるつくりを目指した

 同社は、1月に経費精算アプリ「bizNote Expense」の提供を開始。法人が対象ユーザーだったが、会社全体でシステムを導入するというよりも「個人として使いたい」というフィードバックが多かった。この声に対応し、ユーザーインターフェースに改変を施し、Stapleとして発売したという。

 「米市場では、Expensifyがコンシューマー目線から次第に企業ユーザーを獲得しつつある一方、Conquerが大企業向けから次第に中小市場に下りてきている。現状ExpensifyとConquerが市場でぶつかることもあるようだ」と星川氏は米国での市場動向に触れる。クラウドキャストは、Expensifyの戦略を意識し、まずユーザーのすそ野を広げるためにアプリを無料提供する考えだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]