編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

レッドハット前CTO、グーグルに移籍--Google Compute Engineを最有力のエンタープライズクラウドに

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-10 10:32

 Googleは、Amazon Web Service(AWS)をパブリッククラウドサービスの首位の座から追い落とし、Microsoft Azureがハイブリッドクラウドで強大化する芽を摘むことに、本気で取り組もうとしている。GoogleはRed Hatの前最高技術責任者(CTO)Brian Stevens氏をクラウドプラットフォーム担当バイスプレジデントに招き入れ、クラウドサービスで首位に立つ意欲を示した。

 公式には発表されてはいないが、LinkedInのStevens氏のプロフィールにはこの新役職名が記載されている。Stevens氏はOpenStack分野においてRed Hatのプレゼンスを上げ、コンテナ技術のDockerとの提携を導いた。

 Stevens氏はGoogle Compute Engine(GCE)を、最有力のエンタープライズクラウドに育て上げる役割を担うことになる。

 GCEはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)とSUSE Linux Enterprise Server(SLES)をネイティブサポートし、CoreOS、Debian、CentOSなどのディストリビューションもサポートしている。また、GCEはRHEL同様にDockerコンテナに対応している。


Brian Stevens氏。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]