編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レッドハット前CTO、グーグルに移籍--Google Compute Engineを最有力のエンタープライズクラウドに

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-10 10:32

 Googleは、Amazon Web Service(AWS)をパブリッククラウドサービスの首位の座から追い落とし、Microsoft Azureがハイブリッドクラウドで強大化する芽を摘むことに、本気で取り組もうとしている。GoogleはRed Hatの前最高技術責任者(CTO)Brian Stevens氏をクラウドプラットフォーム担当バイスプレジデントに招き入れ、クラウドサービスで首位に立つ意欲を示した。

 公式には発表されてはいないが、LinkedInのStevens氏のプロフィールにはこの新役職名が記載されている。Stevens氏はOpenStack分野においてRed Hatのプレゼンスを上げ、コンテナ技術のDockerとの提携を導いた。

 Stevens氏はGoogle Compute Engine(GCE)を、最有力のエンタープライズクラウドに育て上げる役割を担うことになる。

 GCEはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)とSUSE Linux Enterprise Server(SLES)をネイティブサポートし、CoreOS、Debian、CentOSなどのディストリビューションもサポートしている。また、GCEはRHEL同様にDockerコンテナに対応している。


Brian Stevens氏。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]