編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
松岡功の一言もの申す

デジタルマーケティングを“経営事”にすべし - (page 2)

松岡功

2014-09-11 12:07

デジタルマーケティングは日本企業にとってチャンス

 アドビのMarketing Cloudと競合するサービスとしては、「IBM Marketing Center」「Oracle Marketing Cloud」「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」が挙げられる。

 クラウドを活用してデジタルマーケティングの機能を統合化したプラットフォームをグローバルに展開しているITベンダーは、今のところ、この4社くらいだろう。今後はIT業界での競争もさることながら、さまざまなマーケティング関連企業との合従連衡の動きも活発化し、デジタルマーケティングの中身もさらなる進化を遂げていくとみられる。

 では、デジタル化の進展が果たして日本企業のマーケティングにも変革をもたらすことができるだろうか。

 佐分利氏はこの疑問に対し、次のように答えた。

 「日本企業のモノづくりにおける品質や付随するサービスのレベルは、世界でも最高水準だが、それだけではもはやグローバル市場で勝ち残れない時代だ。これからはそのモノの需要をどう喚起し、顧客に対して価値をいかに伝えていくかが、ますます重要になる。その意味では、新たなデジタルマーケティングへの取り組みこそが、日本企業にとって大きなチャンスになると確信している。アドビ社長としての私のミッションは、マーケティングを“経営事”にすることだ」

 デジタルマーケティングは日本企業にとってチャンス。だからこそ“経営事”として取り組む必要がある――この佐分利氏の主張には全く同感である。この主張はユーザーだけでなくベンダーに対しても言えるだろう。ベンダーにもデジタルマーケティングをビジネスとして手掛ける意味、信念、そして情熱が強く求められているといえそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]