編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「iPhone 6」と「Apple Watch」が揺るがす6の既存ビジネスモデル - 2/7

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-09-13 08:00

大画面スマートフォン

 4インチディスプレイを搭載していたiPhoneは、スマートフォンのスクリーンサイズでは小型クラスだったが、Appleがそのディスプレイを4.7インチと5.5インチに大型化したことにより、iPhoneは全く新しい市場に参入しようとしている。それは従来、サムスンやLGのような「Android」スマートフォンのプレーヤー(さらに、シェアは小さいが「Windows Phone」)が支配していた市場だ。

 iPhone 6は、4.7インチ、1334×750ピクセル解像度、ピクセル密度が326ppiのディスプレイを搭載している。一方iPhone 6 Plusのディスプレイは、5.5インチ、1920×1080ピクセル、401ppiだ。どちらのスマートフォンも視野角をより広くするため、デュアルドメインピクセルを採用している。

 AppleがAndroidの大型画面の優位性を排除したことにより、Android陣営から「iOS」へ移行するユーザーが出ることが考えられる。

大画面スマートフォン

 4インチディスプレイを搭載していたiPhoneは、スマートフォンのスクリーンサイズでは小型クラスだったが、Appleがそのディスプレイを4.7インチと5.5インチに大型化したことにより、iPhoneは全く新しい市場に参入しようとしている。それは従来、サムスンやLGのような「Android」スマートフォンのプレーヤー(さらに、シェアは小さいが「Windows Phone」)が支配していた市場だ。

 iPhone 6は、4.7インチ、1334×750ピクセル解像度、ピクセル密度が326ppiのディスプレイを搭載している。一方iPhone 6 Plusのディスプレイは、5.5インチ、1920×1080ピクセル、401ppiだ。どちらのスマートフォンも視野角をより広くするため、デュアルドメインピクセルを採用している。

 AppleがAndroidの大型画面の優位性を排除したことにより、Android陣営から「iOS」へ移行するユーザーが出ることが考えられる。

提供:Apple

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]