編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

ニフティ、家庭内LANとクラウドのVPN接続サービスを事業者向けに提供

NO BUDGET

2014-09-19 14:51

 ニフティは9月18日、家庭内ネットワークとクラウドを結び、さまざまなサービスに活用できるプラットフォーム「スマートサーブプラットフォーム」の提供を開始した。サービス事業者の利用を想定している。

 ニフティでは、宅内のLANに接続されたさまざまな機器を外出先から安全、手軽に操作できるネットワークサービス「スマートサーブ」を個人向けに2013年10月から提供している。今回のスマートサーブプラットフォームは、そのシステム基盤をサービス事業者向けに提供する。

 小型の専用機器(サービスアダプタ)を宅内のLANにつなぐだけで、家庭内ネットワークとニフティのデータセンター内にあるクラウド環境を仮想専用網(VPN)で接続する。これによりサービス事業者は、利用者に複雑なネットワーク設定を強いることなく、クラウド上で構築したシステムから各家庭に向けてさまざまなサービスを提供できるという。

スマートサーブプラットフォームの利用イメージ
スマートサーブプラットフォームの利用イメージ(ニフティ提供)

 サービスアダプタとクラウド間の通信には、遠隔地にあるLAN同士を接続するためのネットワーク技術である「L2VPN(Layer2 Virtual Private Network)」を活用する。IPsecで暗号化しているため、セキュアなネットワーク環境下で、TCP/IPを含むさまざまなプロトコルで双方向かつフラットに通信できる。スマートハウス向け制御プロトコルでセンサネットプロトコルの「ECHONET Lite」対応機器などにもクラウドから直接接続できる。

 現時点でサービス提供に利用できるクラウド環境は「ニフティクラウド」に限られるが、今後は他社のクラウドサービスにも対応する予定。

 税別料金は、初期費用としてサービス登録料20万円とサービス基本料として月額10万円、ホームネットワーク側に設置するサービスアダプタが1台1万6000円(100台単位で販売)で接続料が月額400円からとなっている。

 スマートサーブプラットフォームは、フューチャーシティソリューションズが2013年8月から提供している「フューチャーシティHEMS」のネットワークサービス提供基盤として利用されている。東北大学と宮城大学が予定している実証実験で活用する「テレナーシングモニタリングシステム」のネットワークサービス提供基盤として採用される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]