シスコ、Memoir Systemsを買収へ--ネットワーク機器の高速化を目指す

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-19 12:57

 Cisco Systemsは、Memoir Systemsの買収に合意したと発表した。Memoir Systemsは、カリフォルニア州サンタクララに拠点を置く、メモリ関連の知的財産及びテクノロジのプロバイダーだ。

 Ciscoの幹部Hilton Romanski氏は、同社ブログへの米国時間9月18日付けの投稿で、今回の買収によって、同社の従来のスイッチ製品内で使用されている特定用途向け集積回路(ASIC)メモリを「高速で手頃な価格のメモリ」にするうえで大幅な進展が図れるようになると述べている。

 またRomanski氏によると、これは同社のASICビジネスが新たな段階に到達する、従って次世代のITニーズに応えられるようになるための一助となるという。

 Memoir Systemsは、メモリへのアクセス速度を10倍以上高速化するために利用できるソフトウェアロジックの知的財産をライセンスしている。Ciscoによると、これはデータセンターでしばしば用いられる、より高速なスイッチやルーターを開発するために必要なものだという。

 取引の金銭的な条件は明かされていない。買収は2014年内に完了する予定だ。

 同社が2014年に企業を買収するのは、MetacloudAssemblageに続き、今回で5社目。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]