編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本株の買い手は外国人と公的年金か

ZDNet Japan Staff

2014-09-29 11:26

 先週の日経平均は、1週間で91円下がって1万6229円となった。先週、日経平均に投資していた投資家は、9月中間配当金90円強を受け取る権利を確保したことになるが、26日に90円強の配当落ちがあったため、実質的に資産価値は横ばいになった(ちなみに、配当金の受け取りは11月ごろになる)。9月19日に昨年来高値を更新したので、達成感から一旦利益確定売りが出たが、出遅れた投資家の買いもあった。

ようやくボックス圏から上放れしつつある日経平均

日経平均週足:2012年11月~2014年9月26日


 日経平均は、12月末に1万7000円、来年3月末に1万8000円まで上昇すると予想している。

9月中間決算で業績上方修正が増える見込み

 10月中旬以降、3月期決算企業の9月中間決算発表が始まる。企業は、2015年3月期の業績予想を保守的(低め)に出してきたが、上半期の業績が堅調であること、円安がさらに進んだことを受けて、業績予想の上方修正が増えると予想される。

全産業(除く金融)経常利益の増益率


(注)東証一部上場の3月期決算企業で2015年3月期経常利益の予想を出している企業について、楽天証券経済研究所が集計

 日本企業は、上方修正を小出しにする傾向がある。このため、 楽天証券経済研究所チーフストラテジストの窪田真之氏は、仮に楽天証券経済研究所の予想が正しく、最終的に13%増益になった場合でも、中間決算時には+7%程度までしか、見通しを引き上げないだろうと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]