編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
Oracle OpenWorld 2014

「Oracle OpenWorld 2014」--会長兼CTOのエリソン氏の講演で開幕 - (page 2)

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 川村インターナショナル

2014-09-29 13:08

 簡潔に言うと、Oracleが約束しているのは、「Oracle Cloud」プラットフォームのアップグレードによって、顧客はボタンを1回もクリックすることなく、そして、「コードを1行も」変更することなく、データベースやクラウドアプリをOracleのクラウドに移行できる、ということだ。

 Ellison氏は、「データベースやクラウドアプリは、移行されるだけでなく、最新式になる。すごいことだ」と主張し、「あらゆるデータベースアプリケーションを当社のInfrastructure-as-a-Service(IaaS)に移行することが可能だ」と述べた。

 アップグレードされたPaaS版「Oracle Database」は、「Java」と「WebLogic」を基盤としており、オンプレミスのOracle Databaseと全く同じ機能を提供する。つまり、ユーザーは容量と計算能力を持つ自分自身のOSおよびVMインスタンスをオンデマンドで利用できる。

 自動化も大きなセールスポイントだ。PaaS版Databaseには、自動化されたバックアップやリカバリ、パッチ適用、監視などの機能が含まれる。

 Ellison氏は、30日の2回目の基調講演でさらに詳しいことを発表すると約束しており、あらゆるものを元の場所に戻したり、「別の場所」に移行したりできる機能も顧客に提供する、と述べた。

 「バックアップアプライアンスがデータベース向けに設計されていない」ことを嘆くEllison氏は、「Zero Data Loss Recovery Applicance」も発表した。

 Ellison氏はその製品名が不格好なことを認めており、さらには新共同最高経営責任者(CEO)のSafra Catz氏とMark Hurd氏について言及して「この2人が昇格する前に私がこの名前を付けたんだ」と大声で告白した。この自動化システムの名前を見れば、それがどんなものかはすぐに分かるだろう、とEllison氏は手短に説明した。

 Oracleのポートフォリオに関して予定されているほかのアップデートには、「Exadata」インメモリプラットフォームの機能強化が含まれる。「Oracle Database 12c」のクエリアクセラレーションエンジンに対するシリコンレベルでのパフォーマンス改善もその1つだ。すべてをシリコンで処理するので、これらのプロセスは10倍高速化されるはずだ、とEllison氏は述べている。

 Ellison氏は、Oracleが同クラウドプラットフォームを最初に発表した2012年ではなく、今になってこれらのことを行っているのはなぜなのか、との質問に機先を制して肩をすくめ、「こうしたことを行うのは難しいのだ」と述べた。

 それでも、Ellison氏は競合他社に対する皮肉を何度か言うことを忘れなかった。Ellison氏は、Salesforce.com(と同社の「最初の顧客」である米中央情報局)から次の話題に移って、「Workdayを除けば」、Oracleのデータベースが地球上のあらゆるクラウドを支えている、と皮肉を述べ、SAPのクラウド基盤を痛烈に批判した。

 今後について、Ellison氏はデータベースがOracleの最大のクラウド事業になると予測した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]