ネットワン、垂直統合型システム「EVO:RAIL」発売--2Uに仮想サーバ100台

山田竜司 (編集部) 2014年09月30日 17時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワンシステムズは垂直統合型システム製品「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」(EVO:RAIL)を10月1日から発売する。税別価格は3000万円から。米VMwareとOEM契約を締結、第1弾製品になる。

 EVO:RAILは、ハイパーバイザ「VMware vSphere」やストレージリソースを仮想化するソフトウェア「VMware Virtual SAN」、「VMware vCenter Log Insight」、「Railsエンジン」などで構成され、事前に検証されている。Railエンジンは、EVO:Rail専用の管理ツールであり、独自のGUIを備えるほか、ソフトウェアアップデート機能、パッチの自動適用機能などを提供する。8月に開催されたイベント 「VMworld 2014」で発表された。

 ハードウェア構成は2Uの4ノードで、各ノードは2つのCPUと192Gバイトのメモリを搭載。1台で100台の仮想サーバ、もしくは250台の仮想クライアントをサポートする。固定構成のため設計、構築が最小限で済み、簡単な操作で仮想基盤を15分で導入できるという。要望に応じて、セキュリティ関連機能や負荷分散などのソフトウェアを追加できるとしている。

 ネットワンシステムズは顧客の要望に応じて、取り扱う製品やサービスをEVO:RAILに追加して提供する。

 将来的には、オンプレミスのEVO:RAILとVMwareのパブリッククラウド「VMware vCloud Air」(旧vCloud Hybrid Service)、EVO:RAILを導入したクラウドサービス事業者をネットワーク技術で連携させたハイブリッドクラウド環境も構築できるという。ネットワンは、クラウド基盤を構築するクラウドビルダーと、クラウドサービスの仲介、連携するクラウドブローカーの役割を担うと強調している。

 中堅大企業や官公庁、自治体、クラウドサービス事業者が販売対象であり、2014年度の売上目標は30億円とした。


EVO:RAIL

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算