Oracle OpenWorld 2014

HadoopやNoSQLなどのデータにもにSQLを--オラクルのクリアン製品担当EVP

怒賀新也 (編集部)

2014-10-01 15:47

 米Oracleは年次ユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco2014」を米国時間の9月28日から開催している。3日目を迎えた30日の基調講演は米Oracleの製品担当エグゼクティブバイスプレジデント、Thomas Kurian氏が務め、「Hadoop」を含めたあらゆるデータソースにSQLによるクエリを発行できるようにしていることを強調。また、Hadoopと連携するための基盤として新たに「Big Data Discovery」を提供することなどを発表した。

 Kurian氏の講演テーマは「The Full Dimension of Cloud Services for the Modern Enterprise」。近代的なエンタープライズITに向けた全方位的なクラウドサービスを、Oracleが提供していくという内容だった。

 初日の基調講演で、最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏が強調したメッセージは、IaaS、PaaS、SaaSというクラウドのスタック全体を本格的に提供できるのはOracleだけという内容だった。

 ポイントの1つはSaaSの領域にある。米国では、統合基幹業務システム(ERP)のクラウド化が非常に速いスピードで進みつつあり、このあたりは「基幹システムにクラウドは無理」といった論調がいまだに根強い日本と少し異なっているようだ。ERPをSaaSで本格的に提供しようとしているという点を、Oracleは1つの差別化要素ととらえている。

 さらに、このERPをPaaSなどのプラットフォームごと提供していることを、Oracleは強みとして強調している。ここで、Salesforce.comは「Salesforce1」としてプラットフォームを提供しているものの、Ellison氏は「Salesforce1はOracleの基盤で構築されている」と指摘。Salesforceだけでなく、SAPが買収したAribaやSuccessFactors、NetSuiteなど「SaaSのプロバイダー20のうち19がOracle DatabaseとJavaプラットフォームで構築されている」とEllison氏は繰り返し話した。

米Oracleの製品担当エグゼクティブバイスプレジデント、Thomas Kurian氏
米Oracleの製品担当エグゼクティブバイスプレジデント、Thomas Kurian氏

 データベース領域を核にして、PaaSをはじめとしたクラウドを構築している点に圧倒的な優位性があるというのが、Oracleの主張と言える。

 この流れを受ける形で、Kurian氏はビッグデータ分析に関する新たな戦略を発表した。「Oracle Big Data Analytics Strategy」と題したKurian氏のスライドでは、Hadoopへの対応が鍵になっている。

 通常のデータベースはもちろん、Hadoopの分散環境に対しても通常通りSQLを発行し、データを分析できるようにする。 7月には「Oracle Big Data SQL」を発表。Hadoopと“NoSQL”のサポートを表明していた。これは、あらゆる種類の構造化データと非構造化データをクエリの対象にできると約束するもの。さらに、Oracle Databaseの持つセキュリティ機能と暗号化機能は、HadoopとNoSQLのデータすべてに適用することができるとしている。

 Kurian氏は基調講演で、今後発売する予定の製品として「Big Data Discovery」を紹介した。これは、予測、探索、データ変換、データプロファイルといった機能をHadoop上でも実行できるようにする。

Big Data Discoveryは今回初披露だった
Big Data Discoveryは今回初披露だった

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]