編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

非製造業の景況が悪化--「景気回復は10月から」に予想を変更 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2014-10-02 11:05

足元の生産が下ぶれ

 9月30日に発表された8月の鉱工業生産は前月比1.5%のマイナスで、事前の市場予想(0.2%のプラス)を下回った。意図せざる在庫が増加しており、企業は在庫調整のために生産を絞っている。「7月以降生産が回復に向かう」というストーリーに疑問符がついた。

鉱工業生産指数(前月比)

鉱工業生産指数(前月比)
(出所:経済産業省)

「景気回復は10月から」に予想を変更

 楽天証券経済研究所チーフストラテジストの窪田真之氏は、当初7月から景気回復が顕著になると予想していたが、7~9月の景気は停滞が続いていた模様だ。「景気回復が明確になるのは10月から」と見通しを修正する。

 これから消費増税の影響が薄れてくる中で、円安が進んだ効果が景気回復に寄与するだろう。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]