編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

脱インテルを目指すIBM、POWERベースの新サーバ「Power System S824L」を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-06 10:40

 IBMは米国時間10月3日、OpenPOWER Foundationでの取り組みをベースとした初めてのサーバ製品を発表した。1年前、IBMはデータセンター市場におけるIntelの牙城を崩すべくOpenPOWER Foundationを立ち上げ、Google、NVIDIA、サムスン電子、Micron Technologyと共同でPOWERをベースとしたシステムの開発を続けてきており、今年の上半期にはGoogleがPOWERベースのマザーボードの試作品を発表していた。

 Intelベースのサーバ事業をLenovoに売却した今、IBMはIntelからシェアを奪うべく本腰を入れ始めた。IBMは「Power System S824L」の発表に伴い、x86サーバに対する価格面と性能面の優位性を前面に押し出すと共に、Intelの開発モデルは閉鎖的であるとした。

 IBMのPower Systemのロードマップは4月に策定された。


 OpenPOWER Foundationには世界各国の企業や組織など59のメンバーが参加している。

Power System S824Lの概要 Power System S824Lの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 Power System S824Lは、NVIDIAのGPUアクセラレータ技術とIBMの「POWER8」プロセッサを搭載する。

 IBMは「Power E870」と「E880」を含む一連のエンタープライス製品も発表した。E870とE880はLinux、「AIX」、「IBM i」を実行でき、最大で192のコアと16テラバイトのメモリをサポートする。また同社はこれに併せて、解析およびNoSQL用の新しいデータエンジンを用意することも発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]