Linuxベースの無人航空機を目指す「Dronecode Project」-- Linux Foundationが発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-14 12:40

 Linux Foundationは、ドイツで開催中のLinuxCon Europeで現地時間10月13日、「Dronecode Project」の設立を発表した。このプロジェクトの目的は、オープンソースによる既存のドローンプロジェクトや資産を、非営利組織の下で統合することだ。最終的には、無人航空機(UAV)向けのLinuxベースのプラットフォームが登場することになる。関係者はこれを「DroneX」と呼ぶかもしれない。

 プロジェクトの設立メンバーには、3D Robotics、Baidu、Box、DroneDeploy、jDrones、Laser Navigation、SkyWard、Squadrone System、Walkera、Yuneecが含まれる。Dronecodeプログラムには、Wiredの元編集長であるChris Anderson氏が設立した3D RoboticsによるUAV向けオートパイロット「APM」も加わる。さらに、オープンソースのオートパイロットプロジェクト「PX4」も統合される予定だ。


AeroVironmentの「Puma」は初の合法的な商用ドローンだが、これから多くのLinuxベースのUAVが後に続くことになるかもしれない。

 既に1200名以上の開発者がDronecodeのプロジェクトに取り組んでいる。このプラットフォームはまた、ドローンを手がける多数の企業に採用されており、Skycatch、DroneDeploy、HobbyKing、Horizon Ag、PrecisionHawk、Agribotics、Walkeraなどがその例だ。

 プロジェクトの技術面はAndrew “Tridge" Tridgell氏が率いている。同氏はArduPilot Megaのリードメンテナーであり、ファイルサーバやプリントサーバの機能を提供するSambaの作者として知られる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]