編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

欧州経済不振の根は深い

ZDNet Japan Staff

2014-10-16 10:41

欧州景気に後退リスクが高まる

 10月に入ってからの「世界株安」の引き金となったのは、欧州経済への不安だ。けん引役であったドイツ経済が失速、フランスとイタリアは景気後退色が強まった。南欧諸国は、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和で債務危機を乗り越えてから、構造改革意欲が低下し、先行きの回復期待が低下している。

 欧州には、複数の構造問題があって、今や複雑骨折に近い状態だ。ただし、日本は欧州経済とのつながりは、必ずしも深くない。欧州景気が低迷しても、米景気が堅調ならば、日本へのマイナス影響は限定的と考えられる。

(1)欧州の銀行不良債権問題

 リーマンショック後の不動産バブル崩壊で抱えた不良債権がまだ未処理だ。

(2)過重債務国問題

 PIIGS(ポルトガル・イタリア・アイルランド・ギリシャ・スペイン)と言われた国々が過重な対外債務を抱えている問題も未解決だ。ECBの量的緩和で、今は小康状態を保っている。

(3)ウクライナ問題

 ウクライナの内戦をめぐって欧州諸国とロシアが互いに経済制裁を繰り返していることが、ロシアと経済的つながりが深い欧州経済にマイナスの影響を及ぼしている。特に、天然ガスの8割をロシアに依存し、ロシア向け工業製品の輸出も多いドイツ経済にダメージとなっている。

(4)少数民族の独立運動

 スコットランドのイギリスからの独立を問う住民投票は、辛うじて否決された。独立後の経済運営にスコットランド人が不安を感じたことが否決の原因だ。

 スペインからカタルーニャ州が独立を目指している問題はより深刻だ。カタルーニャ人はビジネスに熱心でスペインから独立できるだけの経済力を持っているからだ。もしカタルーニャが独立すると、スペインの信用は低下し、スペインの対外債務問題が再び火を吹く可能性もある。

(5)EU(欧州共同体)の結束力低下

 英国国内では常にEUからの離脱論がくすぶり続ける。EUのリーダー役ドイツは、弱体化する南欧諸国を支え続けることに対して国民の不満が高まっている。一方、南欧諸国では、構造改革を迫るドイツへの反感が高まっている。フランスやイタリアでも、EUの主導権をドイツに握られていることへの不満がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]