編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

IBM、IoTのためのSaaS「Internet of Things Foundation」をローンチ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-16 12:53

 IBMは米国時間10月15日、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)を構成するデバイスの接続を促進するための、クラウドベースのSaaSを新たにローンチした。

 IBMはこの取り組みを「IBM Internet of Things Foundation」と名付けている。IBMはIoT分野における新規参入企業というわけではない。しかし、同社によるとこのサービスは、クラウドコンピューティングやビッグデータといった技術の進化を示すほか、デバイス間を接続する革新的なアプリケーションの構築においてそうした技術がいかに貢献できるのかを示すものになるという。

 IoT Foundationは「IBM SoftLayer」を基盤とする「IBM Bluemix」環境内で配備される。なおBluemixはウェブやモバイル、ビッグデータ、スマートデバイス向けのアプリケーションの開発や管理、運用を行うための同社のクラウドベースのプラットフォームだ。IoT Foundationは本質的に、Bluemixを拡張するものだと言える。

 Bluemixは「Cloud Foundry」に完全準拠した製品であり、IoT製品開発担当バイスプレジデントであるMichael Curry氏によると、IBMはマルチベンダーでの取り組み、すなわちオープンソースの取り組みに対する還元を忘れてはいないという。IBMによると、IoT FoundationとIBM Bluemixを組み合わせることで、IoTデバイスやそのデータに対するシンプルでセキュアなアクセス、言わばクラウドへの近道を作り出せるという。

 またIBMはIoTのためのパートナープログラムとともに、さまざまなパートナー企業のデバイスやチップ、ゲートウェイを接続するための、「レシピ」として知られる一連の正式な手順も発表する予定だ。パートナー企業にはARM、B&B Electronics、Elecsys、Intel、Multi-Tech Systems, Inc.、Texas Instrumentsが含まれるとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]