編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
Dreamforce 2014

セールスフォースの革新はモバイルの先へ--共同創設者が語るロードマップ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-10-20 07:00

 サンフランシスコ発--Salesforce.comの2013年のテーマは、接続型ビジネスアプリをモバイルデバイスで利用できるようにすることだった。

 2014年のDreamforceのテーマは、カスタマイズされたユーザーインターフェースと開発機能も追加して、さらに包括的なパッケージを提供することだという。Salesforceの共同創設者であるParker Harris氏は米国時間10月15日、パネルディスカッションでこのように語っている。

 Harris氏は、ウェアラブルのトレンドを、Salesforceの革新を推し進める重要な手段と評したが、「企業はいまだにモバイルの段階にいる」と嘆いた。

 Salesforceの製品担当プレジデントであるAlex Dayon氏は、モノのインターネット(Internet of things:IoT)という動きが定着するなか、「この新しい世界で生き残る」企業とは、こうした流れに沿って自社を変革できる企業だと主張した。

 さらにDayon氏は、革新を推し進めていく上で極めて重要な要素が2つあると述べた。同氏はそれを、革新とはチームスポーツであるという意識を持つこと、そして顧客の声に耳を傾けること、と定義している。

 Dayon氏は、「20の新機能をリリースしても、それを使うのが素晴らしいと思ってくれる人がいなければ、何の意味もない」と強調した。

 Harris氏も歩調を合わせ、「革新は企業買収によって手に入ることもあれば、社内から発生することもある」と述べた。Harris氏とDayon氏はいずれも、最近の多くの進展の要因として、ビジネスインテリジェンス分析の新興企業EdgeSpringを2013年に買収したことを挙げた。

 Salesforceが、革新に貢献した最新の製品であると自認しているのは、「Salesforce1 Lightning」フレームワークと、「Project Wave」による「Salesforce Analytics Cloud」だ。両プラットフォームとも発展の過程にあり、自社の顧客を再びターゲットに設定し、Salesforceクラウドによって接続型アプリとデバイスを構築させようとしている。

 Harris氏は、Salesforceのモバイル構想の中心が「iOS」「Android」「Windows Phone」であることを明確にし、Blackberryが最優先事項でないことを認めた。

 あらゆるものが、ウェブサイト的な外観から、はるかにリッチなUIに変わった、とHarris氏は述べる。社内向け製品だったLightningを顧客にリリースするのはそのためだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]