編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトのナデラCEO、「Azure」と他社製品の連携をアピール

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 川村インターナショナル

2014-10-21 13:20

 サンフランシスコ発--Microsoftは米国時間10月20日の朝、秋雨の降るサンフランシスコのベイエリアでクラウドに関するイベントを開催した。今回のイベントは、クラウド戦略に関する新情報を発信する場であるとともに、同社のインフラをGoogleのインフラや「Amazon Web Services」(AWS)と差別化するさらなる機会と位置付けられる。

 また、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は、同社のクラウドが他社のアプリやアーキテクチャとうまく連携できるものだという点を今までと同様にアピールした。

 Nadella氏は「われわれは、このモバイルファースト、クラウドファーストという世界にしっかり適応している」と述べ、「個人のエクスペリエンスの機動性はデバイスのみにとどまらない」という点に注力するビジョンを明確にした。

 Nadella氏によると、Microsoftのユニークな成果は、個々の従業員やチーム、業務プロセスにとっての生産性やプラットフォームを基盤にしている。その中心には「Microsoft Azure」や「Office 365」「Microsoft Dynamics」を核とした「ユビキタスなプラットフォーム」があるという。

 「ユーザーは、アプリケーションにおける1つか2つの問題に振り回されたくないと思っているはずだ」と語るNadella氏は、Microsoftのクラウドは「Windows Server」やLinuxから「iPhone」に至るまでの、さまざまな機器やOSをサポートすると強調した。

 同氏は、こうしたプラットフォームやデータスタックのサポートによって、どのような言語やフレームワークを使用している開発者であっても自らのコードをAzureに移植できるのだと続けた。

 同氏は「われわれは、Azure上に孤立した大規模クラウドを構築しているわけではない」と述べ、「他のクラウドとうまく連携できるようなクラウドを構築している」と語った。

 Microsoftのクラウド&エンタープライズグループのエグゼクティブバイスプレジデントであるScott Guthrie氏は、この12カ月間におけるAzureの一連の進歩について説明した。

 Guthrie氏によると、Azureは毎週1万以上の顧客を獲得しており、「Active Directory」ユーザーの数は現時点で3億5000万人以上に達しているという。また、Azureの顧客の60%以上が現在、より高いレベルのサービスを契約しており、Azureの売上高の40%は新興企業や独立系ソフトウェア会社(ISV)からのものとなっているという。

 Microsoftは特に新興企業やISVのさらなる利用を狙い「Azure Marketplace」を開始し、Azure向けの「Cloudera」をローンチする。

 Nadella氏は、企業パートナーの一例としてClouderaを引き合いに出した。Clouderaは自社のインスタンスをAzure上で稼働させることにより、ビッグデータを処理してそこから得た情報をOffice 365に直接引き渡しつつ、ハイブリッドかつスケーラビリティに優れたサポートを享受できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]