編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「Ubuntu 14.10」がリリース--サーバとクラウドの機能が大幅強化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-10-24 10:33

 Ubuntuといえば、デスクトップのことを思い浮かべる人が多いだろう。もちろん、新しいリリース「Ubuntu 14.10」(Utopic Unicorn)のデスクトップは改善されているのだが、クラウド版とサーバ版はそれ以上に大きく変わっている。Canonicalはこのリリースについて、「ベアメタル上で動く最も高速で、最も安全なハイパーバイザと、『Docker v1.2』を使った最新のコンテナ技術」が含まれていると述べている。

 同社はまた、「Ubuntuはユーザーレベルでのコンテナ制御、スーパーユーザー権限なしで任意のユーザーがコンテナを実行する機能と、より高度なセキュリティ、権限の分離、そしてシステムの堅牢性を提供する」としている。これは、最近リリースされたDocker 1.3で模索されている機能だ。

 Ubuntu 14.10には、「Cloud Foundary」、「ElasticSearch」、HiveおよびPig Latinを備えた「Hadoop」、および「Apache Storm」を使用したリアルタイムビッグデータ分析機能も含まれている。

 DevOpsに関しては、ハイレベルのDevOpsツールである「Juju」が採用された。Jujuの最新バージョンでは、CanonicalのMaaS(Metal as a Service)を利用することで、パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはベアメタル上でクラウドアプリケーションの導入や規模の変更がこれまで以上に容易になる。

 クラウドに関しては、Ubuntu 14.10はリリースされたばかりの「OpenStack Juno」をサポートしている。これによって、オブジェクトストレージのポリシー制御がより細かく行えるようになっただけでなく、Hadoopのサポートと、Network Function Virtualization(NFV)のベータサポートも改善されている。

 また、Canonicalは同社のOpenStack Interoperability Lab(OIL)でこの新しいリリースのOpenStackに関する相互運用性をテストしている。OILでは、Ubuntu、OpenStack、サードパーティーの技術の異なる組み合わせを、毎月3000回ビルドしているという。


Ubuntu 14.10のデスクトップは新しくなり改良された。しかし、特に注目すべきはサーバ版とクラウド版だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]