編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ebola.com」ドメイン、20万ドル相当で売却される

ZDNet Japan Staff

2014-10-27 15:30

 「ebola.com」ドメインが20万ドル相当で売却された。米証券取引委員会(SEC)へ提出された書類によると、ネバダ州のBlue String Venturesから同ドメインを買い受けたのはWeed Growth Fundというロシアの企業。同社は5万ドルを現金で支払い、保有するCannabis Sativaの株式を1万9192株譲渡するという。

 The Vergeによると、Blue String Venturesは2008年にebola.comを1万3500ドルで購入したという。またネバダ州に拠点を置くCannabis Sativaは、ニューメキシコ州の知事を2期務めたGary Johnson氏が率いる企業で、世界中でマリファナの合法化が広まる中、同社は娯楽用と医療用のマリファナ製品の販売によって事業拡大を目指しているという。

 同記事によると、同ドメインの所有権を獲得したロシア企業のWeed Growth Fundがebola.comを何に使う予定なのかは、明らかでないという。現在のところ、同ウェブサイトは何も変わっておらず、エボラに関する一般的なニュース記事のほか、Amazonアフィリエイトリンクが掲載されている。

 The Independentによると、Blue String Venturesは需要の高まりそうなドメイン名を買い、後に高値で販売する企業で、BirdFlu.comとH1N1.comも所有しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]