編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフトがLinuxを「大好き」になった理由とは? - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-06 06:00

 Microsoftが大好きなのはLinuxだけではない。数十年にわたる抵抗の末、Microsoftは、「Hadoop」や「Docker」コンテナ、Facebookのデータセンタープロジェクト「Open Compute」といった、多種多様なオープンソースプログラムをサポートしている。実際のところ、Microsoftは、「.Net」の一部など、独自のテクノロジのオープンソース化を進めてさえいる。

 もちろんMicrosoftは、Linuxから直接利益をあげてもいる。同社の「Android」関連特許は、疑わしいところがあるかもしれないが、そこからの利益は依然として「Windows Phone」からの利益より10億ドルも多い。

 注意深く見ていたら、Microsoftがその「アンチLinux」の態度を、数年前から変え始めていたことが分かっただろう。

 2008年に、当時Microsoftのプラットフォームテクノロジ戦略部門とオープンソースソフトウェアラボのディレクターだったSam Ramji氏は、「Microsoftのオープンソース戦略は、さまざまなものからなる現在のテクノロジの世界で、顧客やパートナーの成功を支援することに注力している」と述べた。


2008年、Microsoftはオープンソースソフトウェアとの親和を始めつつあった。

 Microsoftは大口をたたいているだけだと思った人もいたかもしれない。すると、Microsoftはオープンソース開発について単に語るだけでなく、実行するのだということを示し始めたのだ。

 2011年までに、MicrosoftはLinuxカーネルへのコード寄贈者として第5位になっていた。Microsoftは何をしていたのだろうか。Linuxが、Microsoftの仮想化システム「Hyper-V」ときちんと連携するようにしていたのである。Hyper-VはAzureの中心になっている。

 これで分かるように、Microsoftが強い関心を持っているのは、Linuxやオープンソースそれ自体ではない。2014年の世界が、従来のデスクトップとアプリケーションからなるコンピュータのパラダイムを離れて、デバイスとクラウドサービスによるアプローチへと進んでいるという点だ。Microsoftは前者を支配していた。しかし、後者の世界で競争者であり続けるためには、Microsoftは、自分たちが他の人々と協力し、仲良くやっていかなければならないことに気づいたのだ。そう、その相手がたとえLinuxだとしても。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]