編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

外国人が売る中で個人と信託銀行が買う--10月の振り返りと11月展望

ZDNet Japan Staff

2014-10-31 15:30

 10月は、外国人投資家が売った日本株を、個人投資家と公的年金が買っていったことが、需給動向からわかる。楽天証券経済研究所のチーフ・ストラテジスト、窪田真之氏の分析を紹介する。

円高で株安、円安で株高の連動性は崩れず

 10月前半は、世界的にリスク資産のパニック売りが広がる中、円が買われ、日経平均が売られた。10月後半は、パニックが徐々に収束する中で、世界的にリスク資産が買い戻された。円が売られ、日経平均が買い戻された。

10月の為替と株の動き 上段はドル円為替レート 下段は日経平均



外国人投資家が売る中で、個人投資家と信託銀行が買い

10月の日経平均の動きと、主体別売買動向


(単位:日経平均は円、売買金額は億円)

(出所)東京証券取引所 投資主体別売買動向(売買差額)二市場1・2部/総合証券60社、
▲は売越、第1週は9月29日~10月3日、第5週(10月27日~31日)の売買動向は11月6日に発表予定

 10月は、外国人投資家が日本株を投げ売りする中、個人投資家が積極的に買っていったことが分かる。ただし、日経平均が急反発した後の第4週は、外国人が小幅買い越しになる中で、個人は売り越している。

 外国人が売ると個人が買い、外国人が買うと個人が売るという過去20年以上続いている傾向は、10月もそのまま続いている。

 信託銀行が一貫して買い越しているが、これは公的年金の買いであると推定される。公的年金は運用改革で、株の組み入れを増やすことが検討されているが、前倒しで買いに動いているものと考えられる。

11月の日経平均は、徐々に下値を切り上げる展開を予想

 7~9月の日本の景気は想定外の停滞が続いたが、10~12月には徐々に回復傾向が見えてくると考えられる。現在、発表が続いている9月中間決算で、2015年3月期の業績見通しを引き上げる企業が増えていることも追い風となる。 欧州や中国の景気が悪化しつつあることが懸念されるが、米国の景気が好調であることが、日本経済にプラスに働く。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]