編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MSとDropboxが提携--「Office」ファイル編集などDropboxとの連携を可能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-05 07:20

 MicrosoftとクラウドストレージベンダーのDropboxが提携した。ユーザーは「Office」アプリから直接「Dropbox」にアクセスしたり、DropboxアプリからOfficeファイルを編集したりできるようになる。

 Dropboxは米国時間11月4日、同社ブログ投稿でこの提携内容について説明し、「Dropboxは、350億を超えるOfficeドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションの拠点である」と述べた。


 このブログ投稿によると、今回の新機能は、「iOS」および「Android」上のすべてのDropboxユーザーを対象に「今後数週間のうちに」提供開始されるという(更新情報:Microsoftのブログ投稿では、iOSおよびAndroid向けOfficeに対する「次期アップデート」で提供するとしている)。

 「Dropbox for Business」のユーザーにもこの機能が提供される予定。Dropboxの別のブログ投稿によると、「『Office 365』のライセンスを保有するDropbox for Businessユーザーは、これらの新機能をまもなく活用できるようになる予定」だという(更新情報:Microsoftのブログ投稿によると、「まもなく」とは「2015年前半」を意味しているという)。

 Dropboxは2015年、Dropboxウェブサイトと「Office Online」の間の連携を追加する。また、「Windows Phone」および「Windows」搭載タブレットのユーザーを対象に新しいDropboxアプリを「今後数カ月のうちに」提供する予定だとブログ投稿には記されている。

 両社製品のユーザーに提供される予定の機能は以下のとおり。

  • DropboxモバイルアプリからのOfficeファイルの編集と、複数の端末間における変更の同期。自宅で作成したファイルを移動時に完成させることが可能で、編集内容はすべて自動的にDropboxに保存される。
  • OfficeアプリからのDropboxファイルへのアクセスと、Dropboxへの新しいファイルの保存。Officeアプリを離れることなくドキュメントの同期が可能。
  • OfficeからのDropboxリンクの共有。Dropboxリンクを送信することによって、ドキュメントの共有が可能。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]