編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「openSUSE 13.2」がリリース--1年ぶりの新バージョンをインストールしてみた(後編)

J.A. Watson (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-06 12:42

 長い間待ち望まれていた「openSUSE 13.2」の正式版が米国時間11月4日、公開された。前編に引き続き、インストールの感想の後編をお届けする。

 「openSUSE」インストーラは、筆者の気に入っているものではないが(「Anaconda」が気に入っている)、それは非常に素晴らしくて、使いやすく、最小限の手間でインストールを完了できる。インストーラには次のステップが含まれる。

  • 言語とキーボードの設定
  • 地域とタイムゾーンの設定
  • ディスクのパーティションの設定
  • ユーザーアカウントの登録
  • インストール内容の確認

 デフォルトのファイルシステムの種類は「Btrfs」だが、それを「ext4」(あるいは他のもの)に変えたければ、ディスクのパーティション設定のステップで変えられる。また、UEFIシステムでは、インストーラが最初のEFIブートパーティションを認識し、それを「/boot/eft」にマウントするように構成するが、別のパーティションを使いたければ変更することもできる。

 起動は、「GRUB2」と「GRUB2-EFI」のいずれか適切な方に設定される。UEFIシステム上ではSecure Bootが設定される。このリリースは、筆者が見た中では初めて、人手によらずに、openSUSEが正しく起動設定できるようになっている。従来のリリースでは、LegacyとEFIの起動設定を間違って選択することが頻繁にあった。

 インストールプロセスは、「Install」(インストール)をクリックした(それを確認した)時点から約10分かかる。かなりてきぱきと進む。インストールが完了したら、インストール済みのシステムを再起動できる。UEFIファームウェアシステムを利用している場合、この時点で成功しているかどうかは、openSUSEというより、UEFIの実装に依存するだろう。

openSuSE 13.2 KDE Desktop
openSuSE 13.2 KDE Desktop

 では、デスクトップがインストールされたので、このベースディストリビューションには何があるか見てみよう。

  • 「Linux Kernel 3.16.6」
  • 「KDE 4.14.2」
  • 「X.Org X Server 1.16.1」
  • 「LibreOffice 4.3.2.2」(「Writer」「Calc」「Impress」「Draw」「Base」「Math」)
  • 「Firefox 33.0」
  • 「digiKam 4.3.0」
  • 「Gwenview」(KDE画像ビューア)
  • 「Amarok 2.8.0」(オーディオプレーヤー)
  • ビデオコーデック「OpenH264」
  • 「YaST2」(管理コントロールセンター)

 多くの人は、このリストにいくつか足りないものがあると考えるだろう。例えば、「Java」や「Flash」、「VLC」メディアプレーヤー、あるいはさまざまなプロプライエタリの、またはFOSS以外のドライバなどだ。それらを入手するには、サードパーティーのリポジトリを利用できる。最も有名なのは「Packman」だ。それらの使い方の詳細については、openSUSEのウィキページを確認してほしい。

 今のところはこれで十分だろう。筆者はこの記事で、誰かにopenSUSEを売り込むつもりはない。新バージョンがリリースされたこと、そして筆者がそれをいくつかのシステムに問題なくインストールできたことを言いたかっただけだ。

 個人的な意見や経験に関心がある人のために言うとしたら、openSUSEは、筆者が自分で所有する全てのコンピュータに常にインストールしてあるディストリビューションの1つである(他には「Fedora」が入れてある)。筆者のコンピュータの大半(全てかもしれないが、完全にそうとは言い切れない)は、openSUSEをデフォルトで起動しており、他のディストリビューション(時には「Windows」)は「GRUB」のブートメニューに入っている。どれも非常にうまく機能している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]