編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「openSUSE 13.2」がリリース--1年ぶりの新バージョンをインストールしてみた(後編)

J.A. Watson (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-06 12:42

 長い間待ち望まれていた「openSUSE 13.2」の正式版が米国時間11月4日、公開された。前編に引き続き、インストールの感想の後編をお届けする。

 「openSUSE」インストーラは、筆者の気に入っているものではないが(「Anaconda」が気に入っている)、それは非常に素晴らしくて、使いやすく、最小限の手間でインストールを完了できる。インストーラには次のステップが含まれる。

  • 言語とキーボードの設定
  • 地域とタイムゾーンの設定
  • ディスクのパーティションの設定
  • ユーザーアカウントの登録
  • インストール内容の確認

 デフォルトのファイルシステムの種類は「Btrfs」だが、それを「ext4」(あるいは他のもの)に変えたければ、ディスクのパーティション設定のステップで変えられる。また、UEFIシステムでは、インストーラが最初のEFIブートパーティションを認識し、それを「/boot/eft」にマウントするように構成するが、別のパーティションを使いたければ変更することもできる。

 起動は、「GRUB2」と「GRUB2-EFI」のいずれか適切な方に設定される。UEFIシステム上ではSecure Bootが設定される。このリリースは、筆者が見た中では初めて、人手によらずに、openSUSEが正しく起動設定できるようになっている。従来のリリースでは、LegacyとEFIの起動設定を間違って選択することが頻繁にあった。

 インストールプロセスは、「Install」(インストール)をクリックした(それを確認した)時点から約10分かかる。かなりてきぱきと進む。インストールが完了したら、インストール済みのシステムを再起動できる。UEFIファームウェアシステムを利用している場合、この時点で成功しているかどうかは、openSUSEというより、UEFIの実装に依存するだろう。

openSuSE 13.2 KDE Desktop
openSuSE 13.2 KDE Desktop

 では、デスクトップがインストールされたので、このベースディストリビューションには何があるか見てみよう。

  • 「Linux Kernel 3.16.6」
  • 「KDE 4.14.2」
  • 「X.Org X Server 1.16.1」
  • 「LibreOffice 4.3.2.2」(「Writer」「Calc」「Impress」「Draw」「Base」「Math」)
  • 「Firefox 33.0」
  • 「digiKam 4.3.0」
  • 「Gwenview」(KDE画像ビューア)
  • 「Amarok 2.8.0」(オーディオプレーヤー)
  • ビデオコーデック「OpenH264」
  • 「YaST2」(管理コントロールセンター)

 多くの人は、このリストにいくつか足りないものがあると考えるだろう。例えば、「Java」や「Flash」、「VLC」メディアプレーヤー、あるいはさまざまなプロプライエタリの、またはFOSS以外のドライバなどだ。それらを入手するには、サードパーティーのリポジトリを利用できる。最も有名なのは「Packman」だ。それらの使い方の詳細については、openSUSEのウィキページを確認してほしい。

 今のところはこれで十分だろう。筆者はこの記事で、誰かにopenSUSEを売り込むつもりはない。新バージョンがリリースされたこと、そして筆者がそれをいくつかのシステムに問題なくインストールできたことを言いたかっただけだ。

 個人的な意見や経験に関心がある人のために言うとしたら、openSUSEは、筆者が自分で所有する全てのコンピュータに常にインストールしてあるディストリビューションの1つである(他には「Fedora」が入れてある)。筆者のコンピュータの大半(全てかもしれないが、完全にそうとは言い切れない)は、openSUSEをデフォルトで起動しており、他のディストリビューション(時には「Windows」)は「GRUB」のブートメニューに入っている。どれも非常にうまく機能している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]